読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題はわたしがねこなのか、かぴばらなのかってことなんだ

A.B.C-Zと橋本くんの話をするのが好きな人の長文記録用ブログ(筆不精)

2013.8.30 衝撃のMステ

A.B.C-Z 2回目のMステ出演が衝撃すぎたのでまとめておくことにする。


放送前。わくわくでいっぱいです。



落ち着いてください。


そしてミニステ。
なんだえけびさんだけか…からの!
えけびさんの左端に見慣れた衣装を発見。
そして、




ミニステのトークも、OPトークも気合い入りすぎでとっちらかりトークなえびさん。
長男と末っ子は安定のにこにこ要因でしたね。かわいい。


やめて、は笑かすのやめてってことです。バンダナもぎ取りたかったなー。

ちなみに自担とははしもとくんです。
OAでまったく何歌ったのか覚えてないし、はしもとくんがどうだったか記憶に本当になかったのが衝撃の大きさを感じさせます。



とりあえずいつもとどう違うのか並べてみた。
なんかまとめに載せて頂いたようですね。


動揺をしています(笑)
だってあんなにかわいい子なのにあんな愉快な格好で出てくるから!
画像は、ほぼ同じ構成の音楽の日(2013.6.30)の戸塚田。とつかくんの口がとてもかわいい。


一般の方が「食いだおれ太郎みたいなのいるよ!?」ってなってるのを受けて、ちょっと並べてみた。かわいかった。そしたらとつかくんってだけでいいか、ってなってきた。


EDで、タモリさん風サングラスを用意してきたとつかくん。その姿がすごく楽しそうな笑顔で、無駄に動揺したことがちょっと申し訳なくなった。
楽しかったならいいんだ。

しかしリピートする勇気が出るまで2時間ほどかかりました(笑)
母親(戸塚担)と2人で、その話にも触れず、チャンネルも変えられず、無言で2時間経った(笑)



バンダナがあんまり見かけない柄でしたね。ツアーのときに使ってた何枚かはもっと細かい柄だった。
折る幅がもう少し細めだったら大体見慣れた感じのいつものとつかくんだったと思うのだ。

曲は
Twinkle Twinkle A.B.C-Z
Za ABC~5stars~
ずっとLOVE
Walking on Clouds
のメドレーでしたね。

5starではしもとくんが歌詞を間違えそうで危なかった!(違うとこ歌いそうだった)セーフです。よかった!

※追記
何度見てもWalkingのかわいくんの「クモン!(木村さん混じり)」に笑う(笑)



演出に賛否両論あったようなのでその点について。
感謝祭@東京ドームみたいな演出はみなさまあまり好まないようだけど、あの統制された番協は正直すごいなと思う。
勝手にメンバーに触ったり、押したりしないでちゃんと一列で定位置にいるし、フォーメーションチェンジまで要求されてもちゃんとやる番協すごいよ。入り立ての研修生ジュニアより仕事できるよ(笑)

友人が番協入ってたので伺ったのだけど、彼らほとんど廊下のパフォーマンスだからほとんど何も見えてないとのこと。ですよね。
スタジオに入ってきたって、ステージと違って段差のないあのスタジオで彼らが見えるのは前列だけだろうし。


ワンカメ飽きた、とかもそろそろあるとは思うけど、知名度をあげたい今は、既存ファンの我々は少し耐える時期なのかなって。
いつも見てる側にしてみたらよく見る手法になったけど、初めて見る人にはやはり『ただスタジオでかっこよく歌い踊るただの新人アイドル』では記憶に残れないから。

もしたまに、爪痕がうっかり傷痕でも大丈夫。傷は治るし。
たくさんのひとが『なにあのパフォーマンス!?』ってなって、記憶に残してくれるといいよね。



はしもとくんについての感想。

番協やだー、とかハイタッチやだー、とかわからないわけではないけど、わたしははしもとくんのとびきりの笑顔を引き出すにはすこぶる有効な手段だと思っています。

もちろんファンが目の前にいなくてもはしもとくんはプロアイドルだからちゃんと笑ってるけど、柔らかさと可愛さが格段に違うの!
…贔屓目かなあ。橋本担以外には通じないんだろうか。




というわけでとてもかわいい笑顔でした!
はしもとくん大好き。


かわいくんは髪の毛かわいいきゅんでしたね!
最初にテーブル飛び越えるのはちょっと怖い(笑)脛にぶつけそうじゃん?(笑)

ごっちさんは髪の毛短めすっきりでこれまた可愛らしい。
GOSEKIの飛び方がとても美しかったね!逆さまつかちゃんの足の間から出てきたのにはちょっと笑いました(笑)でもソーキュート(笑)

つかちゃんはミニステで謎の迷彩服持って来たけど(笑)ネタじゃなくほんとは超おしゃれなのわかってんだからね!
しかも写真の立ち方、それつかちゃんじゃなくてダークネスだろ!(笑)
Twinkleの最初の照明当たったときがすごく美しかったー!

とつかくんについて。
まず大前提として、とつかくんがどんなトンチキな格好をしていても、アイドルをやめてしまうよりはそこに存在していてくれるだけで奇跡みたいなひとだと思うので、結論としてはわたしはとつかくんがどんな格好でも好きです。(笑うけど)
ステージに対して手抜きするとか、ファンへの嫌がらせでトンチキな格好をするのなら嫌いになるかもしれないけど、そうではなく、今の彼はただ心のままに動いていると思ってる。

で。
それにしたってあれだけ美しい顔で、自分をより美しく見せようとしないひとも珍しいものだよなあ。
さすがにあの美しさを自覚していないわけじゃないと思うんだけど、なんだろう、顔褒められるの嫌なのかなあ…顔だけでそんな入れ込めないんでね、当然中身も好きですけどねえ…何に抵抗してるんだろう。
アイドルの自覚はあっても、やはりアーティストになりたいのかな。カテゴリーなんてなんでもいいと思うんだけどな。

自主性を重んじたのか、ただの放置なのか、麻痺してなんとも思わないのか、戦略としての昨日のあれなのか、はたまたそのどれでもないのか。わからないけど、えびさんメンバー各位と関係者におきましては、ちょっとビジュアルについての戦略もよく考えて頂きたいものです。



バンダナはもう少し細く折ろうね!