問題はわたしがねこなのか、かぴばらなのかってことなんだ

A.B.C-Zはしもとくん(とNEWS増田くんとハロプロ)の話をするのが好きな人がたまに記録をするためのブログ

#ジャニオタとコスメ メイク編とスキンケア追記

この間の続きです。

kapibara-may.hateblo.jp

コスメの話楽しーい!

保育園に母親の口紅塗ってく子供だったんです。三つ子の魂百まで。

 

今回も画像貼るの楽なのでアマゾンのリンク貼ってますが、デパコスはぜひ公式オンラインショップとかコスメカウンターで買ってください。あとリンクはアフィリなのでそもそも嫌いな人は避けてください。

 

 

 

 

 

☆ファンデーション

SUQQUのリキッドファンデーションを使用中ですが、これ現行のリキッドではなくてリニューアル前のなので感想は端折ります。

現在のリキッドは使ってないので、代わりにこの間MAQUIAにミニサイズついてて使って最高だったクリームファンデの話します。

個人的にファンデーションの好みはツヤ・ナチュラルなのでそういうのを選んでるんですが、これはカバー力派でも好きだと思う。

ナチュラルめが好きなので初日はかなり薄めに伸ばしたんですが、このファンデに関してはちょっとしっかりめに塗るくらいの方がきれいでした。しっかりめに塗っても厚塗り感が出ず、肌キレイな人がファンデ塗りました、って感じ。保湿クリームか!?ってくらい伸びがいい。でもカバー力は割とあります。

SUQQUのファンデは時間が経ってもシワにたまらないのもいいです。密着感がすごい。なので時間が経っても崩れるって感じもほぼなかったです。手とかの摩擦で多少薄くなるくらい。

なので薄ーく塗ると時間が経つとファンデーション消えてっちゃうんですよね…(笑)なのでちょっとしっかりめ推し。

あと、塗りたての「保湿されてる!!」感もめっちゃいいです。昼くらいまで肌がしっとりしてる。

 

で、あと個人的に美容液効果が高いのを選んでます。

プチプラにもつけててきれいなファンデってあるんですけど、わたしにはもう肌の回復力がないんです…夜までつけてたら荒れて翌日以降に響くので避けてます。

ファンデなのに美容液つけてるみたいなファンデじゃないともう無理なんですよね…。元気の足りない30代の肌なんです…つらい…。

なのでファンデはちょっとお高めでも買っちゃってます。

 

といいつつ実はわたしは30までファンデ使ってませんでした。(コンシーラーとルースパウダーで生きてた)

使うと肌荒れするから使ってなかったんだけど、今となっては使ってたものの質が悪かったんだろうなと思います。

【ファンデ使ってみたい→でも荒れると思ってるから安いのしか買いたくない→質が悪いから荒れる→やっぱりファンデやだ】のループだったんだなあ、きっと。

 

ちなみにわたしがファンデ使えるようになったのはルナソルのパウダーファンデのサンプル貰ったことがきっかけでした。

 

何個も使って飽きちゃったから今は使ってないけどナチュラル・ツヤ肌派にはCHICCAのソリッドも好き!

正直カバー力はないけど、元々肌きれいな人っぽい肌になる。ツヤ系です。

 

 

☆チーク

 

クリームチーク派!というかCHICCA派!

クリームチークを専用パフで取ってポンポンつけます。

CHICCAはコンセプトがすごいナチュラルっぽい感じなせいか、タッチアップではめっちゃ薄めでいつも物足りない(笑)わたしはそこは逆らって、はっきりチーク入れる感じにつけてます。

CHICCAの商品は好きだけどメイクのコンセプトは合わないんだよなあ。

 

06 ポニーテールが好き。何個目かってくらいリピートしてる。

見た目はパンチあるパッションピンク!みたいに見えるけど、薄づきで見た目より馴染みます。

 

 

☆アイブロウ

 

「眉のところの肌にもファンデのせてますか?」ってどこかのコスメカウンターのお姉さんに言われてからちゃんと塗ってる。

眉周りの肌にもファンデのせるとアイブロウめっちゃ描きやすい。

よく考えたらちゃんと塗らないと肌直接だもんなあ。そりゃあ描きづらいよなあ。

ファンデきちんと塗っても滑っちゃってペンシルの線が描きたいところに描けないアイブロウも多いんだけど、レアナニのアイブロウはわたしの肌と相性が良くて描きやすいので気に入ってます。今は限定だったピンクブラウンみたいな色を使ってます。

繰り出し式のペンシルと、ペンシル型に内蔵されたパウダーと、スクリューブラシまでセットで収納されてるのに、本体の長さが長すぎないところがいい。

 

ちなみに描いた後はダイソーのアイブローコートかけてます。

 

 

☆アイライン(黒・カラー)

 

基本のアイライナーはD-UPの黒ペンシルで下書きして、際だけexcelの黒リキッドを重ねてます。 

D-UP スーパーフィット ジェルライナー ブラック

D-UP スーパーフィット ジェルライナー ブラック

 

excelのアイライナーはこってりした液で、慣れないと引きづらいんですが、夜までしっかりラインでいてくれるので手放せないです。こってりしてる割には速乾だし良いです。

昔好きだったFSPフリーソウルピカデリー)のアイライナーに質感が似てるの。

 

あとカラーライナー大好き!

シュウのペンシルは色がぱきっとしてていい! 

ドローイングペンシル ME ピンク 12

ドローイングペンシル ME ピンク 12

 

イベントの時とかよくME ピンク12でピンクライン引いてます。テンション上がるし大好き。他の色も欲しい。

 

DAZZSHOPのリキッドアイライナーのピンク(PASSIONATE LOVERS 08)とグリーン(RHYTHMIC TREE 09)も大好きです。

ここまでビビッドなピンクとグリーンのラインあんまりない!アクセントになってすごくかわいいです。大好き!

 

 

☆アイシャドウ

 

SPARKLING GEM (ESCAPE 05)

SPARKLING GEM (ESCAPE 05)

 

DAZZSHOPのスパークリングジェムのラベンダー色(ESCAPE 05)をよく使ってます。オレンジ系も買いたい。

平日の手抜きメイクだとこれをぴゃって塗って終わりです。片目5秒。

何がいいって、クリームなのによれない。溝にたまらない。最高だ。

 

ところでリンク先見て驚いたんですけど、アマゾンで売ってるのDAZZSHOP公式でした。DAZZSHOP店舗少ないんでなかなか行けないけど、まさかアマゾンで買えるとは。

  

赤みブラウンメイクの日はこれ。

全部使いやすいけど特に左下の赤みブラウンが大好き。

下まぶたの目尻の際の三角ゾーンに入れると赤みがあるせいかクマっぽくならずに絶妙な影になります。使いやすい。

 

ピンクメイクの日のパレット。

色がぱきっとしてていいです。下段左の色のモチがいいのとめっちゃツヤっとするので地味に重宝します。

 

オレンジメイクはこのへんが好き。

エクセル リアルクローズシャドウCS01 テラコッタブーティ

エクセル リアルクローズシャドウCS01 テラコッタブーティ

 

excelはさすがの粉質ですよね…細かくて密着感がよくてきれい。色合いも絶妙ですね~!

流行ってたのはピンクのパレットだけど、ピンクはマジョがあるのでわたしはオレンジ系を買いました。ナチュラルに使うもよし、オレンジ強めに出すもよし。

右上のハイライトカラーのラメがきれいで何気に使い勝手がいいです。

 

キス デュアルアイズ S12 SunsetGlow オレンジ×ダスティーグリーン

キス デュアルアイズ S12 SunsetGlow オレンジ×ダスティーグリーン

 

ぱきっとしたオレンジメイクしたいときはこのオレンジ。

下のグリーンはどうにもわたしの顔色に合わなくて、塗ると顔がくすむので用途に困っています。どうしたもんか。

 

みんな大好きアディクションのアイシャドウ!

ラメはマリアージュ(092 Mariage)が人気ですが、わたしはラメはピンク(099 Miss You More)派です。友達にもらったので余計好きなのかもしれない。

手持ちシャドウに重ねるもよし、単品で使うもよし、下まぶたにもよし。めっちゃ使う。

 

 

☆マスカラ

 

自まつげが超下向き直毛まつげなので2~3か月に一度まつげパーマをかけています。

エクステは超下向き直毛まつげには向かないのでパーマ派。直毛下向きの自まつげときれいなカールのエクステが上下に乖離するんですよね…。

オペラ マイラッシュアドバンスト 5g

オペラ マイラッシュアドバンスト 5g

 

軽めナチュラルめのまつげがすきなので最近はずっとこれです。

塗ってからスクリューブラシでほぐします。

 

カラーマスカラも好き。

グリーンの方はナチュラルなので普段使いしてます。オレンジは上目尻とか下まつげに塗るのが好き。

RMKのマスカラ落ちづらくていいです。

 

次はアナスイの赤マスカラを買いたい!発色良さそうですよね~

 

 

☆ハイライト

 

【スリー】シマリング グロー デュオ #01
 

クリームタイプのハイライトが好きです。

つい右のカラーばっかり使っちゃう。ハイライトがベージュっぽくて馴染むので好きです。

左のはポイントメイクにがっつり色使う日とかにチークとして使います。 

 

☆パウダー

 

パウダーはファンデと一緒に買ったのでこちらもSUQQU

リキッドファンデを買ったときに、BAさんに「SUQQUのファンデはパウダーで質感を決めます」と言われました。そうらしい。

ツヤ肌が好きなので一番ツヤ感の強いものを使用してます。

 

リキッドファンデやクリームファンデに重ねると、メイクが上手くいった日はかなり崩れづらくて気に入ってます

 

 

☆リップ

 

物によっては唇の皮がべろんべろんになっちゃう程度のやや荒れやすい系唇です。

リップを買うときはタッチアップで塗って1日様子見てから買ってます。

 

なにはなくともマキシマイザー。リップクリーム代わりにしたりグロスにしたりしてます。 色はほぼつかないです。

わたしは唇に色があまりないのでこれ一本だと顔色が悪い(笑) 

 

ROUGE THE FUSIONIST (TWILIGHT SEXINESS 08)

ROUGE THE FUSIONIST (TWILIGHT SEXINESS 08)

 

DAZZSHOPのリップ、LADY TALK 02を使ってます。くすみのない真っ赤な色。買うか悩んでたら友達が誕生日にくれました!

直塗り+ティッシュオフ+Diorマキシマイザーで普段使いしてます。

多少乾燥はしても色持ちがいい。ごはん食べても完全になくならない。

 

これも好きな赤リップ。色味はDAZZSHOPのLADY TALK 02と似てるくすみのないクリアレッド。

買ったころは「真っ赤だな~」と思って、少なめに塗って叩いて伸ばしてたりしたんですが、赤リップに慣れ切った今となっては直塗りです。仕事のときもよく塗ってる。

うるおいはあるけど色持ちは良くない。グロスですしね!

 

エトヴォス ETVOS ミネラルルージュ 2g クラシカルレッド (在庫)

エトヴォス ETVOS ミネラルルージュ 2g クラシカルレッド (在庫)

 

上の2つに比べると深めの赤。まさにクラシカルレッド。

塗りやすいしうるおいもそこそこ保つけど、ごはん食べたらきれいになくなります。色持ちは良くないけど落としやすさはすごい。 

 

アディクション リップスティック シアー #001 [並行輸入品]

アディクション リップスティック シアー #001 [並行輸入品]

 

最初の2つと比較すると朱色よりの赤。これはめっちゃ色持ちがいい。

唇にいつでもなんとなく血色を残したい人にはいい。ティントじゃないのにティントなのかってくらい色が持つので、当然落としにくい。

 

シーティブ リップグロスティント 紅紫 5.5g

シーティブ リップグロスティント 紅紫 5.5g

 

プチプラだけど荒れなくて好き。ピンク(紅紫)もオレンジ(赤橙)もかわいい。

ティントと言ってはいるけどそこまで色持ちはしないかな。でもそのせいかあまり乾燥はしません。

 

 

☆スキンケア追記(ビタミンとか)

スキンケアって結局同じ肌の人いないし難しいところですね。

結局最終的にはごはんと薬が大事ですよね…

食事がひどければ肌は荒れるし、それを治せるのは結局コスメではなく薬だなと思ってます。

 

肌が調子悪いときって大体体調もいまいちなので、そういうときのSOSとしてコンビニに駆け込んで飲んでるものがこの3つ。

ビタミンと鉄分は大事です。あとおいしい。まずいものは飲めない。

ジュースのとこじゃなくて栄養ドリンクの棚にあることが多いです。

コンビニで300円くらい。ちょっとお高め。グレープフルーツ味おいしい。

 

プルーン味ののむヨーグルトです。やたら疲れてるときとだるいときは鉄分不足も疑ってみます。あと、生理の週は1週間毎日飲むことにしてる。

 

アミノバイタル ゼリードリンク SUPER SPORTS 100g×6個

アミノバイタル ゼリードリンク SUPER SPORTS 100g×6個

 

これはドラッグストアで買います。150~200円くらい。

疲れててどうしようもないけどアミノバイタル(粉の)持ってくるの忘れたし買ったら箱で邪魔だし、みたいなときはこれを買います。アミノ酸3000mgなのでこれでそこそこ動けます。

これだけはちょっと肌の話とは別ですね。個人的に疲れてるとき用です。ちなみにりんご味。

 

 

本当にがっつり吹き出物的ななにかができたときはわたしは

【テラ・コートリル軟膏】(薬局で買えます)か

【クリンダマイシン酸エステルゲル】(ダラシンTゲルなど。病院で処方してもらう)

を塗って、食事気を付けて、よく寝ます。

 

抗生物質が入ってるので、塗り始めたら朝晩きちんと塗って、2日効かなかったら、皮膚で悪さをしてるバイ菌と薬の成分が合ってないので、塗るのやめてさくっと病院に行くことをおすすめします。ずっと使っても、菌と薬剤の相性が悪いと効果はほぼないです。

変な塗り方すると耐性菌になるから注意。使い方はお医者さんか薬剤師さんに確認してくださいね。

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

 

 

また長くなってしまったー!

でも満足!

#ジャニオタとコスメ スキンケア・ヘアケア編 (11/11追記)

※11/11

トリートメントとアウトバストリートメント等追記しました。アウトバス忘れてた。

 

 

Twitterで #ジャニオタとコスメ 検索するのが楽しい。

見るの好きだしコスメの話するの好きだけど、わたしは画像処理が得意じゃないからTwitterで載せるには向かないんですよね。

というわけでこちらでやります。

今回ね、ジャニオタまるで関係ない(笑)

 

 

※リンク貼ってるけどアマゾンのなのであんまりおすすめしません(でも簡単に画像付きリンク貼れるから使ってますごめん)

単価の高いコスメは特に、なるべくカウンターで塗ってもらって、サンプル貰えるなら貰って試してからカウンターで購入するのをおすすめします。

高いから合わないともったいないし、購入時に他のサンプル貰えたりもするしね。

 

 

 

 

スキンケア

☆メイク落とし

メイク落としこそいいものを使うことが美肌において大事なこと!

と、いうポリシーを持っているんですけどなんでこの考えかたになったんだったかな…もう10年くらいはこの考え方です。

 

ちなみにわたしはW洗顔はしない派なので基本的にクレンジングの後はそのままスキンケアに行きます。

このクレンジングたちの前に、目元とリップだけ先にざっくりビオレのオイルとかで落とします。オイルクレンジングは使いたくない派なんですがポイントメイク落ちないのめんどくさいので使います。顔全体には塗らない。

顔全体のクレンジングは

クリーム>ミルク>ジェル

の順で好きです。

クリームでもたまにオイル化するのとかあるから(ちふれのとか)そういうのは避けてます。オイルは乾燥するので苦手。

 

同じものをずっと使うと飽きる方なのでわたしの中のレギュラーでぐるぐる回しています。

レギュラーはこのあたり。 

定価:170g ¥3,000(税抜)/1g単価:¥17.6

安心安定のアルビオン。洗いあがりしっとり系。

というかややぬるっと系なので、W洗顔しない派のわたしでもさすがにこれはW洗顔する。

でもわたしは迷ったらとりあえずこれです。

個人的には冬に多く使っています。

 

これが重いなあという感じなら、これのシリーズのミルククレンジングも良いです。

 

 定価:200g ¥3,500(税抜)/1g単価:¥17.5

これもアルビオン。ややしっとり系。

米ぬかの美肌成分が入ってるらしいです。

イグニスはライン全体ハーブ系の香りが強めなので初めて買う方は買う前に香り要確認です。

 

 定価:300g ¥4,500(税抜)/1g単価:¥15

クリーム状だけどクレイ系なのでさっぱりめ。毛穴の汚れとか落ちやすくていいです。

個人的には夏用で使ってます。でも大きくてなかなか減らないので、冬になっても使ってることもしばしば(笑)

これそういえば香り気にしたことないな…たぶん無香に近いはず。

 

 定価:100g ¥1,500(税抜)/1g単価:¥15

さっぱりめ。アルージェ自体敏感肌向けなので使用感にクセがないです。無香。

ここに載せている他のと比べると単価が安いのですが、1g単価にすると変わらないね。 

ドラッグストアで買えるので、買い物行く暇がないときと金欠なときに手軽です。

 

 定価:200g ¥4,500(税抜)/1g単価:¥22.5

これもアルビオン。エクサージュより少し上のラインですね。

これは調子乗ったときに買いました(笑)

しっとりだけどぬるっとせず香りも強くないです。

使用感はいいですが個人的にはちょっと単価高いのでいつでもは買えないな。好きだけど。

 

 

☆化粧水など 

 

朝も夜もサボリーノ。

とにかくスキンケアがめんどくさいので、シートマスク貼って、その間に用事済ませて、はがして終わりです。だってめんどくさいんだもん。

前はルルルンも使ってたんですけど、ルルルンのシートは両鼻の下にシートの繋がってる部分があってそこちぎるのが面倒なのでやめました。

定価:28枚 ¥1,404(税込)/1枚単価:¥50.1

朝はこのシートマスク。

本当はいちばん好きなのはミンティーグレープフルーツですが、置いてるところがあまりないので今はキウイヨーグルト使ってます。美味しい香りがすき。

これちょっと顔がスースーするので、毎朝それでなんとか起きています。

もっとスースーするやつもあるらしいですがそっちは未経験です。

スースーする割に目が痛くなったりはしないところがいい。

 

次はミックスベリーとLOFT限定のゆずシトラスを使いたいです。

お察しだと思いますが、高保湿とかホワイトとかの効能ではなく、完全に香りだけで選んでいます(笑)

 

サボリーノ お疲れさマスク 28枚入

サボリーノ お疲れさマスク 28枚入

 

定価:28枚 ¥1,404(税込)/1枚単価:¥50.1 

夜はこっちのシートマスク。オレンジの香りがします。これも香りがおいしい。

 

めっちゃ雑な女なので、夏はクレンジング後に何も塗らずに寝てたんですけど、秋になってさすがに乾燥するなと思って夜用サボリーノにしました。本当にめんどくさがりなんです…。

 

 

 

☆美容液

 

美容液は洗顔後すぐ塗るタイプを使うことが多いです。

このあたり↓のものをよく使ってます。使い分けてるとかじゃなく、使い切ったらどれかを買ってる感じです。 

定価:50ml ¥12,000(税抜)/1g単価:¥240

急に単価が高い!(笑)

ノリで買いました。だってタッチアップで塗ってもらったらよかったんだもん…ちょっと高くてびっくりしたけど。まあSUQQUは高いものですよね。

もったいぶって1プッシュしか付けてないので半年経ったけどまだ使い切ってません(笑)

 

定価:40ml ¥10,000(税抜)他サイズ・レフィルあり/1g単価:¥250~225

おなじみアルビオン

夏の紫外線浴びまくって肌の元気がない時期に使うことが多いです。

SUQQUのが高いと思ってたけど、こうしてみるとこっちも単価変わらないですね。

 

 

☆クリーム類

 

 

キッカ ブリスフルデイ クリーム クリーム(アイクリーム除)
 

定価:28g ¥7,000(税抜)/1g単価:¥250

このクリームが大好き! 

CHICCAのファンデをタッチアップしてもらったときに塗られたんだけど、とにかく使用感が良すぎて「これなんですか!?」って聞いて速攻買った。

デイクリームと言っても日焼け止めとかが入っているわけじゃないので夜もつけられます。

ナイトクリームもあるけどそちらはもう少し単価が高いのでわたしはこれを使ってました。

 

CHICCA ビューティグロウ ボディクリーム ピュア

定価:¥5,500(税抜)

CHICCAでは毎年ボディクリームが12月頃にだけ発売されます。

ブリスフルデイクリームがとにかく好きって話をCHICCAの美容部員さんにしていたら出てきたのがこのクリーム。

ブリスフルデイクリームと成分が似ているとのことで、わたしはこれの2016年のを顔に塗ってます。(コスパが良すぎて2年近いのにまだ使い切れない)

ボディクリームとしては高いけど、顔に塗るクリームとしてはコスパがいい。

今年のは「ほのかなゴールドのきらめき」って書かれてるのでパールかラメか何かが含まれていそうですね…顔に塗れる程度なのかが気になるところです。

 

 

ヘアケア

☆シャンプー・トリートメント

ミルボン Aujuaシリーズ

商品紹介 | Aujua(オージュア)オフィシャルサイト

ミルボンのオージュアシリーズです。サロン専売品。

 

種類がむちゃくちゃ多いんですけど、今は髪が短いので

シャンプーは水分保持力の『タイムサージ』

トリートメントはこちらもうるおい系の『クエンチ』です。

細くて絡まる髪なので、ロングの時は絡まりを抑える『スムース』も使ってました。

 

ロングの頃は美容室選ぶ時もオージュアで検索して、取り扱ってるところでオージュアのトリートメントもしてもらっていました。

今は髪が短くてそこまで痛んでないので、自宅でオージュア使うだけで十分つるんつるんです。

ルミネに入ってる美容院でオージュア扱ってるところを発見したので、ルミネ10%オフのときに買ってます。高いからね。

 

とはいえきちんとオージュア使うのはカラー直後とか(オージュア使うと色持ちがいいです)、髪の手触りがいまいちのときとか、現場の前だけです。

 

 

ガチの普段使いはこちら。 

メリット ポンプペア (シャンプー480ml+コンディショナー480ml)

メリット ポンプペア (シャンプー480ml+コンディショナー480ml)

 

オージュア使い始める前のスーパーロングの頃からずっとメリット派なんですが、「シャンプー何使ってるの?」って聞かれてメリットって答えるとなぜかみんな「えっ」って顔をします。

わたしの髪質なのか、髪にシャンプーの香りが残りやすいようで「いいにおいがする、何使ってるの?」ってよく言ってもらえるんですけど、メリットだって言うとこれまた「えっ」ってされます。

なんでよ。超ロングセラーだぞ。

メリットいい香りですよ。きつくなくて。

 

体質なのか肌質なのか、シャンプーでかゆくなるものが多くて、使えないものが多いんですよ。洗ってるのにかゆいの超嫌じゃないですか。

でもなかなか使えるものが見つからなくて、探すのが面倒になって、子供の頃に使ってたものに戻ってみようって使いだしたのがメリットです。メリットはかゆくならない。ちなみにオージュアもかゆくならないです。

 

でも人によっては皮脂取れすぎてだめって人もいますね。わたしはすぐ髪がぺったりしちゃうやや油分の豊富な頭皮なのでメリットでちょうどいいです。

 

ちなみにメリットはノンシリコンです。

実はわたしは美容師免許を持っているのとそもそも美容オタクなので、皮膚科学と化粧品科学には普通の方よりは詳しめではないかと思うのですが、個人的には別にノンシリコンでもシリコン入ってもどっちでもいいと思います。やみくもにノンシリコン使えばいいってもんじゃない。

質の悪いノンシリコンにした結果、髪絡ませてぶちぶち切っちゃうくらいなら、シリコン入ってて絡まない方がマシってものです。どちらにせよ髪に合うものを見つけてくださいね。

 

 

☆トリートメント

 

その他、節約時とか通常時に使うトリートメントは以下の2つです。

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

 

 言わずと知れたfino。この価格帯では抜群ですね。

 

いち髪 なめらかスムースケア トリートメント 180g
 

いち髪も好きです。

ちょっと香り強めなので購入前に要確認です。

 

 

☆アウトバストリートメント

 

アウトバスはオイル派です。

さらさらにしたいのでオイルつけてから乾かします。

もうちょい重めが好きな方は乾かしたあとに足すといいかもしれません。

 

【乾かした後にしかつけない】っていう方は乾かす前につけて乾かしてみてください。きっと髪の質感が変わります。

 

基本的にはどれも1プッシュ。

特筆してない場合は香りはあんまり気になってないです。

これも同じもの使うと飽きるのでローテーションしてます。

ロレアル ミシックオイル 100ml

ロレアル ミシックオイル 100ml

 

いちばん好き!!なんかわたしには梅っぽい香りに感じられますがたぶん違うんだと思う(笑)

オイルの質感はさらっとしてる。髪もさらさらになる。

元美容師なせいか、ヘアケアはロレアルとミルボンに対する信頼がハンパないです。

 

ロレッタ ベースケアオイル 120ml

ロレッタ ベースケアオイル 120ml

 

今はこれ。当たり障りないですね。

オイルの質感はミシックオイルよりはやや重めだけど、つけて重たくは感じません。仕上がりはさらっとしてる。

 

ルベル イオ エッセンス スリーク 100ml

ルベル イオ エッセンス スリーク 100ml

 
これも安定感かな。
上の2つに比べるとオイルの質感は重め。
ややしっとりめに仕上がる印象があります。もしかしたら少なめにしたら違うのかも。
 
いち髪 和草ダメージリペアオイルセラム 60mL

いち髪 和草ダメージリペアオイルセラム 60mL

 

いち髪はめっちゃいち髪!って香りがします。お花っぽい香り。

1回に出る量が少ないのでこれは2プッシュ。

 

 

 

あくまでわたしが愛用してるものなので、ご参考まで!

ここまで読んでくださったあなたのお気に入りを見つける役に立ちますように。

ジャニオタになったきっかけの話

このブログ2013年からやってるらしいですよ。

誰が読んでるんだかわからない物をそんなにずっと書き続けている自分がおもしろいなあ。たまにしか書いてないけど。

 

わたしは記憶があんまり長く続かないもので、読んだ本の内容とか、見た映画とかドラマとか、もちろん舞台とかコンサートとかそういうのも、しばらくしたらすぐに内容忘れちゃうんです。

でも忘れちゃうくせにそういうものを見るのが好きなので、見たときの覚書とか見た時の気持ちとか、忘れたくないなってなったときにここに書いてます。

たまに読み返して、わたしこんなの書いたんだ~って本気でびっくりするくらい忘れるけど、わたしの記憶だから楽しい。

 

5年も経つと色々変わることもあるものです。担当とか?

いや、正確には担当は変わってないんですけど、増えました。

たまにはそういう話をしてみたいと思います。めっちゃただのわたしの話です。

 だってほら、書いておかないとたぶん自分のこともいつか忘れちゃうだろうと思うから。

 

 

★ジャニオタになったきっかけ

 

・当時母が嵐にハマっていたこと

・友人が嵐の松本担だったこと

この2つが大きな理由だと思います。

 

松本担の友人と2人で行った沖縄旅行で、彼女がドライブのBGMに持ってきてくれたのがこれ↓でした。

 これで初めて嵐のCD聴いて、嵐いいなあって。

しかもその頃、実家にいる母が嵐の番組にハマってたんですよね。魔王とかマイガールとか嵐ちゃんとかを母親が熱心に見ていたのを「お母さん嵐とか見るんだ~」って言ってた記憶があります。

それでわたしが「沖縄で嵐のCD聴かせてもらったんだけどよかったよ」って話をしたのかな。そうしたら「それ聴きたい!」って言われて、それで借りて聴いて。嵐の曲に馴染んだころ、母の誕生日がきました。

「誕生日は嵐のコンサートのDVDが欲しい」って言われて、どれでもいいってことだったので新しかった ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO [DVD] を買いました。そこが転機かな。

 

母親にあげて、せっかくだからと一緒このDVDを見始めたらあまりに素晴らしくて驚きました。

そこには自分が知らなかったけど大好きな世界があった。

初めて見たコンサートDVDは、こんな世界見たことないのに、見たかったものはこれだって思うくらい素敵だった。

あとはそのまま転げ落ちました。

ちょうどその時期に実家が近所に引っ越してきて、わたしは新しい実家に一緒住むことになり、そうしたらもう、母と2人で大盛り上がりするので気付けばどっぷりと嵐担に。

ちなみに2人とも相葉担でした。基本的に好みが近い。

 

このあたりのDVDからリアルタイムで買っている気がするので、どうやら2009~2010年あたりの出来事のようです。

ジャニオタになってからまだ10年経ってないんですね。意外。

もう根っからのジャニオタの気分です。

 

現在は嵐担及び相葉担は降りてますが、担当降りても相葉さんって人としての指針というか、神様というか、そういう感じです。嫌いになることはないでしょうね。

なんか相葉担ってわたしの周りではそういう人多い気がする。

 

ところで猫とシッポと神楽坂、最高ですね。かわいすぎる。

2018.7.18-10.14 A.B.C-Z SSTARS CIRCUS IN JOYPOLISを記録するよ

ジョイポリス10年以上ぶりに行った!!
まさかのえびちゃんコラボ~!

この夏はジョイポリスA.B.C-Zのコラボ企画が行われていました。
もう終わっちゃったんですけど、これはぜひともこの夏(~秋)の記録として残しておこうと思います。

ジョイポリチラシ事件

(と、勝手に呼んでるだけです)

事の発端は2018年7月16日、A.B.C-Zメンバーの橋本くんと河合くんが主演を務める『音楽劇 コインロッカー・ベイビーズ』が上演されている赤坂ACTシアターのロビーにて。はしもとくんの誕生日翌日のことでした。

突如ACTシアターのフライヤーのラックに現れたこのイベントのフライヤー。
枚数が多くなかったようで手にした人は多くなく、しかしSNSでこのフライヤーの画像は瞬く間に広がっていきました。

この時点で16日にも関わらず、フライヤーによるとイベントは18日からの開催。しかし公式からのアナウンスは一切なく、事態は混迷を極めていました。

SNSでは
・フライヤー自体がいたずらなんじゃないか説
 →でもフライヤーに使われている写真が過去に出ていないものなのでそれはないだろうと推測
・スタッフさんが間違えて情報解禁前に置いちゃった説
 →いやいやまさか
・18日にちょこっとだけジョイポリスに集客したい説
 →個人的にはこれを推していました
などなど、多くの仮説が流れました。

ACTシアターやジョイポリスに問い合わせた人もいたようですが、いずれも「わからない」「お伝えできる情報はない」等の回答だったように思います(SNSの情報ですので不確かです)。
まあね、解禁前ですから、問い合わせてもそれは答えられるわけがないんですよね。

そんなわけで真相は謎のまま迎えた7月18日。

7月18日、現地。

そうは言ってもジョイポリスに行く強者はいらっしゃいます。
依然公式からのアナウンスはないものの、ジョイポリス入口のゲートにはフライヤーと同じイベント名が。コラボは確定です。

f:id:kapibara_may:20181031144254j:plain
★入口のゲート
※これは後日の写真。close後なのでシャッターが閉まっています。

そしてジョイポリスのオープン時間の10:00を迎え、現地に行ったえび担たちからコラボパスケースやグッズ類など、続々と内容が明かされていきます。
昼頃からA.B.C-Z参加の会見が行われ、14時すぎにようやくジョイポリス公式Twitterからもアナウンス、そしてネットニュースが続々流れて来たのでした。


ちなみにファンクラブからのメールは
18日17時頃に
ジョイポリスとのコラボを記念して、ニューシングルのジョイポリスでの会場特典が決定したよ(意訳)』
19日19時頃に
A.B.C-Z SSTARS CIRCUS IN JOYPOLIS、東京・台場にて開催中(意訳)』

うん、メール流す順番逆な!?イベント開催する報告忘れて会場特典の話したらだめな!?
ほんとそういうとこあるよファミクラ!


まあそれはさておき、楽しいイベントのスタートです!わー!めでたい!!
ちなみにこれはA.B.C-Zにとって初めてのタイアップとなります。
8月29日発売のニューシングル【JOYしたいキモチ】はこのタイアップのための曲だったんですねー!

そんなわけでジョイポリスに行ってみた

というわけで自分が行った時の記録です。


f:id:kapibara_may:20180727105027j:plain
f:id:kapibara_may:20180721184610j:plain
A.B.C-Z Cafe
まさかのコラボカフェ~!

コラボカフェって主に2次元方面で開催されてる文化だったのでまさか自ユニのコラボカフェに行けるとは夢にも思っていませんでしたー!
MVが1stからひたすら流れてて、そこに新曲のメイキングも流れてて、えび担はいつまでもいられるタイプのやつ。

エビカツサンドと、横についてるポテトがとても好きでした。
バーニャカウダ味のパスタに乗ってる星形のポテト、この写真の日は星形のハッシュポテトなんですけど、別の日に行ったら星形にたぶん手作業で切ったポテトが乗ってた。ポテト品切れかな…?手間暇かけていただいてる…と思ってきゅんとしました。
ところで「バーニャカウダ味のパスタ」なかなか衝撃的だった。ちゃんとおいしかったけど、パスタの味として斬新でした。

コラボメニューを頼むとCD/DVDジャケットのキーホルダーがもらえます(2枚目のテーブル手前のもの)

f:id:kapibara_may:20181031153517j:plain
カフェにあったほぼ等身大っぽいパネル。一緒に撮ると楽しい。


f:id:kapibara_may:20180721172534j:plain
★コラボフロート

各々自担のを頼んだら偏ったよね!笑  たまたまこの日のメンツがこういう感じだったんです!笑

味付きのサイダーにディッピンドッツが乗ってるんですけど、いやー甘かったこれ…
ディッピンドッツは乗せるより食べる方がおいしいです。ディッピンドッツはチョコミントが最高です。もちろんそれも食べました。



f:id:kapibara_may:20181031144346j:plain
★プリントシール
(を撮るわたし)

できあがった画像を見てみんなが「すごい橋本担って感じ」って言ってくるんだけどそれはどういうことなのかな!?笑
おもしろがって結構撮りました。

今年の夏はプリントシールを撮るのが仲間内で流行ってるのでめっちゃ撮ってたんですが、まさか自担と撮ると思わなかった…笑



★プレミアムデジタルライブ

撮影禁止なので写真はないですが、プレミアムデジタルライブというものがありました!
【Za ABC~5Stars~】と【JOYしたいキモチ】の2曲をステージに映像で流すんですが、直立したときのA.B.C-Zが実際に近いサイズ感で映し出されるのでリアルな感じもありつつ、クジラに食べられたりエビが降ってきたする愉快な映像もあり、とっても見ごたえがありました!

ペンライト持参OKだったのでマジカルLOVEスティック持って行きましたよ~!
いつからか係の方がマジカルLOVEスティックを持つようになってました。誰か買いに行かれたんです…!?

1階からはもちろん、2階や3階からも見えるので何度か上から見たんですが、そうすると今度はレーザーがきれい!
上から見ると「ここはえび担がいっぱいいるなあ~」ってなってとても楽しかった。


一時期デジタルライブの一番遅い回が最初の頃は18時台だったんだけど、えび担大人多いから、仕事や学校帰りに寄るためには絶対もっと遅い時間あった方がいい!と思っていて。
なので「19:30の回お願いします~!!」ってアンケート書いてたら、そういう声が多かったのか、途中から本当に19:30の回ができたのうれしかったな~。

係の方の話によると、係の方が提案しても通らなかったらしいんだけど、お客さんの声で19:30の回が決まったということらしいです。
自分のアンケートも役に立ったのかなと思うとうれしいですね。



★衣装展示

プレミアムデジタルライブで歌っていた【Za ABC~5Stars~】【JOYしたいキモチ】のときの着用衣装2着が展示されていました。

f:id:kapibara_may:20180805110629j:plain
f:id:kapibara_may:20180805110646j:plain
【Za ABC~5Stars~】衣装 ※2015年のEarly Summer Concertのときのオープニングの衣装


f:id:kapibara_may:20181031153441j:plain
f:id:kapibara_may:20181031153420j:plain
【JOYしたいキモチ】衣装

【JOYしたいキモチ】衣装が展示されたり【Za ABC~5Stars~】衣装が展示されたりしていて最初戸惑ったんですが、実はこの時期A.B.C-Zはコンサートツアー中で【JOYしたいキモチ】が途中からセットリストに加わったんですね。
なので、コンサートで使うときは数日【JOYしたいキモチ】衣装が持ち出されて、代わりに【Za ABC~5Stars~】衣装が飾られる、という仕組みだったのでした。


でも実際問題2015年のEarly Summer Concertのときのオープニングの衣装の方が色々と思い入れがあるので(この衣装が当時から大好きだった)こっちの方が見たくて!笑
結果的に両方見られたのでよかったです。


衣装のスパンコール、膝のところが薄くなってたりして、そういう使用感にすごくときめきました。
ところで五関さんの衣装は本当に細くて小さい…マネキンは女性用かな…。



★アトラクション

ハーフパイプトーキョーとワイルドジャングルがA.B.C-Zコラボバージョンになってました!


☆ワイルドジャングル ブラザーズ → ワイルドジャングル A.B.C-Z

ワイルドジャングル結構何回も乗りました。
乗る前に「ワイルドー!」と元気よく挨拶するの込みでおもしろい。
アトラクションの声がA.B.C-Zになってるんですけど、塚ちゃんが「ふみと!」って呼ぶのが違和感ありすぎていつも面白かったです。
全然安全運転じゃないの!笑 まったく困った人たちですね!


f:id:kapibara_may:20181031153345j:plain
ハーフパイプトーキョー
Take a 5 Trainの寄り添って寝る可愛い橋五の瞬間じゃないかと思う。たぶん。

ハーフパイプトーキョーはA.B.C-Zの曲がかかります。
Za ABCからたしかRock with Uまでかな?JOYしたいキモチ前の曲のシングルとアルバムリード曲。

センター(1番下)に来たらフットステップを踏むと、センターに近いところで踏めているほどぐるぐる横回転する仕組みで、それによって他のグループと特典を競い合うゲームです。


1回だけ乗ったんですけど、高所苦手だし身体の自由きかなくなるの苦手だし(身体の自由がきかない系の場所でパニックが起こる体質なので安全バーが苦手)なのでやばかったです。笑
見てるより実際乗ったら高かったですね…

そこそこ助走がついてからようやくゲームがスタートするんですけど、助走の時点でもう高くて嫌になってました(笑)
曲のサビ終わりあたりでうまいことゲームが終わるよう曲の長さを上手く調節されてるんですけど、つまりA.B.C-Zの楽曲を知り尽くした我々えび担にはあとどのくらい時間が残っているか体感でわかるわけですよ。

高くてぐるぐる回るので「ああもうやだ…」ってなった瞬間が、まだサビ前だったんですよね!!!
まだめっちゃ残り時間あるー!!絶望感!!笑
でもなんか下に降りてくると身体がついフットステップ踏んじゃうんですよ!なぜ踏んでしまうのか!あーーーまた回るしーーー!!!(だって踏んだから)
確か上手く踏めると、高いところに上がるあたりで横2.3回転くらいしますこれ。いやあ、1位だったよ!よく回ったね!!!!!

終わった後そのまま一番近くのベンチでしばしぐったりしていました…平然と帰る人すごすぎ。
でもねー、途中でほんと嫌になっちゃって数秒放棄したんですよね!それがちょっと自分的に引っかかってて、自分に負けた感がすごくて、もう一度リベンジしたい気持ちです。
次は自分に勝った上で1位を取りたい。
というわけで、これね、心が鍛えられていいと思う。
ちなみにわたしのときの曲はFuture Lightでした。

f:id:kapibara_may:20181031153312j:plain
並んでる側に今プレイしてる曲のMVが流れるモニターがあるんですけど、そこで奇跡的に撮れたごせ木さん(忘年会!BOU!NEN!KAI!より)ゆかい

ハーフパイプトーキョーってジョイポリスにおける目玉アトラクションみたいな感じなのでもちろんえび担以外の人もかなり参加するわけで、その人たちが時間を持て余してぼんやりえびちゃんのMVを見続けるというのはなんだかおもしろかったです。
そしてえび担はMVのおかげでまったく退屈ししない。いい。



f:id:kapibara_may:20181031153403j:plain
★パネル
ハーフパイプトーキョーの横に【JOYしたいキモチ】CD予約ブースをポニーキャニオンさんが出してらしたんですが、その後ろにあったパネル。
CD予約ブースが出てない時間帯に行くとパネルと一緒に撮れます。

ちなみにCD予約ブースでCDを予約するとポスターがもらえるキャンペーンがやってました!
毎日ではないものの、かなりの日数そこに待機してくれたポニキャたん(ポニキャの担当の方のことを親しみをこめてこう呼びたい)、おつかれさまでした。



★グッズ

グッズ類は
・えびせん
・缶入りキャンディ(2種)
・クッション
・A4クリアファイル(2種)
・缶バッジ
・缶バッジセット
・コンパクトミラー
でした。

f:id:kapibara_may:20181102074612j:plain
缶入りキャンディの缶が個人的にとにかく使えるサイズでうれしかったです!
アミノバイタルがぴったり収まるのでピルケースにもいいし、軟膏やクリームのチューブもつぶれずに持ち歩けるし、ハロプロの1/20スケールのフィギュアスタンドキーホルダー(いわゆるアクリルスタンド)もぴったり入ります!
結構重宝してます。かわいいし。バッグに入れていればそう他人に見られることもないので、隠れたオタクにも使いやすいのです。みなさんは何を入れてるのかな~。

えびせんだけは改善を要求したい!
アンケートに書いとけばよかったなー。書き忘れちゃった。
イベントスタート後1週間以内に行ったのに、えびせん湿気てたんですよね…個包装の中に乾燥剤入れるべきだと思う。あれはよくない。
えびちゃんのえびせん、ってアイデアがよくてうれしかったんだけど、湿気てるのわかってるから配れなかった~!残念。



★スタッフさんについて

ジョイポリスのスタッフさんって良い方ばっかりなんですね。
本当にあのスタッフさんたちがコラボをやってくれてよかったなって思います。

最初の頃に行ったときに、1階のゲームセンターの付近でマイクで喋ってるお姉さんとお話をしたんですけどA.B.C-Zのことがまだわからないから、スタッフみんなで調べてるんです」というようなお話をしてくれました。いくつか質問もされましたし。
実際、デジタルライブの前説のスタッフさんとかの話す内容が日を追うごとにどんどん詳しくなってくし、気付いたらマジカルLOVEスティック持ってるし。

コラボ慣れしてるからなのか、知らないものに対する抵抗感が見えない方たちでうれしかったです。
知らないものってやっぱりちょっと斜に構えて見たりするじゃないですか。そういうのがスタッフさんから見えなくてうれしかったです。

他のコラボがアニメ・ゲーム系が多そうだから、きっとスタッフさんもそういう系統のものがお好きな方が多そうだなと勝手に思っているんですけど。
それで、アニメ・ゲーム系がお好きな方にはジャニーズって苦手な方も結構見受けられるので、少し心配に思ってたんです。
※ジャニーズ好きな人には実はアニメ・ゲーム系好きな人割と多いなって思ってるんですけどね。(わたしも実はジャニーズの前は声優ヲタ)
でも結果的にスタッフさんたちが優しくて好意的な感じにしてくれていてうれしかったです。
「お仕事だから」だとしてもいいんです。うれしかったです。
仕事だからと思ったって割り切れなくて、嫌悪感が態度に出ちゃうひとは世の中にはたくさんいらっしゃいます。
その点ジョイポリスのスタッフさんはプロだったなあと思うんです。願わくば、A.B.C-Zのことを少し好きになってくれていたらいいな。
ありがとうございました。

ちなみにこれ書いてるうちに「これはジョイポリスさんに直接送ろう」と思って感想メールもそれはそれで送ったのでした。



f:id:kapibara_may:20180727105445j:plain
デジカメ持ってったので夜景がきれいに取れました。
情報解禁前にえびブロで塚ちゃんが匂わせた(えびブロでお台場の夜景の写真を上げてた)お台場の夜景です(笑)

とにかく楽しかった!ジョイポリスさん素敵な夏~秋をありがとうございましたー!!

2018.7.11~2018.8.19 音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』再演の全体感想(ニ幕と余談)

一幕はこちら。これの続きです。
kapibara-may.hateblo.jp


◆二幕

■【裁判】

ここの司会者、初演ではアンサンブルさんが演じてたので大河だったの意外でした!やっぱり歌が上手かった。
わたしが大河担だったらきっとうれしい。

弁護士「発砲時銃口は水平線より上を向いていました。そこに被害者が顔を出したのです」
文字にするとこれだけなんですけど、ここの大西多摩恵さんのお芝居が大好きなんですよね~~!癖が強い!のに上手い!(笑)初演のときから好きなんですここ。
身体にがっつり詰め物もしてふくよかさを出してるのもよかった。
たぶん大西多摩恵さんのお芝居が好きなんだよね!何役もやってるのに全部まるで違う人に見える。


■【殺してあげる】

アネモネからのキクへの気持ち。切ない。いつも聴き入ってた。


■【変わってない 変わった】

再演からの新曲。

キク:
俺を産んだ女は死んだ 俺が殺した
俺を産んだ女を産んだ腐ったこの世界は何も変わっていない
欲しいのは自由
本当の自由
何も変わっていない


ハシ:
パパはいない ママはいない 僕を縛るものはない
僕は自由 僕はスター 誰もが憧れるスター すべて変わった
何もかも変わった
苦しみは終わった


アネモネ
抱いてあげる
殺してあげる
キクが好き

聞き取れて覚えている範囲だとおおまかな内容はこんな感じ。
3人がそれぞれバラバラな思いを歌っているんですけど、これが1曲の中に交互に混ざる感じ。
この時点で3人は完全にバラバラなことを考えているんですよね。

何にも頼らずこの手で欲しいものは掴み取る 気の済むまでやり尽くす 見ていろ

でも曲調が変わったあと、こういう内容を3人とも歌い始めていて、
つまり考えは違うけど、やりたいことは3人とも同じということなんだと解釈しました。

余談ですがここのハシの新しい衣装(蛍光オレンジっぽいゆるっとしたTシャツ)好きだったなあ。


■【愛の荒野】

ハシとバンドが上手くいかない。
ハシの歌に叫びが足りないんだと言ってキレだすギタリスト。
そんな難しい話じゃなく、声がきれいすぎるんだというドラマー。
声を潰したらどうだというベーシスト。
ギタリストはそれではだめだと言う。ギタリストが話したのは、ハスキーな声にしたくて声帯にポリープを植え付けた女性シンガーの話だった。彼女の声は2年で出なくなったという。

このシーン、バンドメンバーで一番にキレだすのはギタリストなんだけど、声を潰すのはだめだって言うんですよ。
ギタリスト、優しくない…?キレるのに、ハシの将来のことは考えてくれるんですね…?
まあクズだけど…(このギタリスト、この後は大体女の話しかしてない)


打開策として舌を切るハシ。
これセンター前列で見ちゃってすごい怖かった…見る前からここに完全にビビってたんだけど見てもやっぱ怖かった…口の中血塗れはこわいよ…


少年刑務所にいるキクに面会に来るアネモネ
初演では「働かないとキクに会えない」だったアネモネのセリフが「仕事持ってないとキクに会えない」に変わってました。
「働かないとキクに会えない」って言って働けるからオタク的には使い勝手のいいセリフだったんだけどなー(笑)まあ使いますけど。

ところでケーキ屋にあんな美人いたらびっくりするよね。


唐木島の事件の話をするダイバー

ダイバー役は福士くん。福士くんのこの役もよかった。
長台詞でもだらっとしちゃわなくてセリフがすごく耳に入る。
全体的に好きなんだけど「海って…怖いなって思います」の余韻がすきでした。


女の子を足元に置いてイチャつきながらもヒステリックにいろんなものを拒絶するハシ。
ここの河合ハシはちょっと声が甲高くなりすぎちゃっておもしろくなっちゃってたなー。
ここは橋本ハシが上手かったですね。ヒステリックなお芝居はしもとくんの方が得意な印象。ヒステリックなのが得意な自担っていうのもどうだろうという感じだけど(笑)上手なんだよねえ。

ところで家にバラムチあるのなんなの(笑)


■【ニヴァ】

ニヴァのシルビアさんの歌はすんなり入ってくる。大好き。歌が大好きっていうかそもそもニヴァが大好き。
全体的にニヴァには、もうほんとハシがごめん…って思う。シルビアさんなのもぴったりだったんだよなあ。初演も再演もシルビアさんがやってくれて本当によかった。
きっとハシだけじゃなく、はしもとくんにも河合くんにも、頼れるお姉さんだったんだろうなあ。


■【ホワイト・ノイズ】

初演はこのあたりからの橋本ハシの狂いっぷりが怖くて仕方なかったんですが、再演はそうでもなくて安心しました。
初演は本当にはしもとくん自体が狂っちゃったみたいな雰囲気で、なおかつカーテンコールやってもどこか目が戻ってきてない印象で、安心できない感じだったんですよね…。はしもとくんの言動も怪しかったしほんと怖かったんですよ…(鏡の中にハシがいるとかいうし)
今回はお芝居だなって思えるお芝居だったので安心できました。初演、怖いほどの狂いっぷりだったけど、やっぱり今回の方がよかったと思う。お芝居をお芝居としてやれていたのでよかったなと思います。
まあ本人的にどうなのかはわからないんですけど、見てる側としての話ね。

ところでアネモネがやっていたシャンプーのCM「優しいシャンプーなの、うさちゃんのおすすめ」っていうセリフが昆ちゃんの声に聞こえるんですよ…実際どうなのかはわからない。録り直してると思うんだけどなあ。
なんだかときどきリオちゃんの声が昆ちゃんと似てる気がする時がある。似てないはずだとは思うんだけど。セリフのトーンのせいかなあ。


キクに面会に来るハシ。
面会に来たハシは片手に薬を持ってそれを貪りながら、一緒に来たニヴァに手を上げたり、明らかに幻覚であろう話を一生懸命キクに話したり、様子のおかしいハシ。
会話の中で、ハシが探してる『音』をキクが前回聴けたのは母親を刺した時だと知り、ハシは「愛する人を殺さないと『音』は聴けないんだ」と一人で納得する。
「ニヴァを殺せばお腹の中の子供も殺すことになるから、2回も『音』が聴ける」と喜ぶハシをキクは止めようとするが、面会時間が終了し、ハシは説得されないまま帰っていく。絶望するキク。

■【隠された壁】

橋本キクは「時間だ」と言う看守に「待て」「お願いします」と泣きついたり、「誰があいつをあんなにした」とすごく取り乱して悲痛に叫ぶ。悲しみの印象。
河合キクは「誰があいつをあんなにした」とどこへともない怒りを爆発させている印象。
アプローチが違う感じがとてもいいです。でも個人的には河合キクの怒りの印象がしっくりくるかな。
橋本キクが取り乱して叫ぶとややヒステリックに寄ったお芝居になってしまって橋本ハシのときのお芝居と印象が似てしまう気がするので。


実習船に乗り海に出たキク。脱走を企てようと考えるが、別の受刑者が衝動的に海に脱走し脱走の機会を逃す。

面会に来た受刑者のお母さんが大西多摩恵さんで、これまたすっごい癖があるんですけど他のどの役とも全部違ってすごくいい…!
このお母さん大好き!!まさかこのお母さんと和代さんとキクのお母さんが同じ役者さんとは思わないわ…。すごい。

受刑者の山根の役が大河なんですけど、この役もまたよかったー!
頭にプラスチックの板を入れられてから人の考えてることがわかるようになったという不思議な子なんだけど、頭いっちゃってる感じと、でもいい子なんじゃないかなって感じが出ててすごくいい。
頭いっちゃってるいい子ってなんだって感じですけど、そういう感じなんですよ。


■プールサイドでくつろぐDのところにやって来るハシ。
■【水滴】

ここ、初演はハシと一緒に歌ってたのニヴァだったような気がするんですけど、今回は違ったよね?誰が歌ってたんだろう。


D「ニヴァどうないしたんや」
ハシ「出てった」
D「いつ」
ハシ「5日前」
D「おまえ何したんや」
ハシ「皿投げた。歌詞見せても何も言わなかったから」

というやりとりのところ。
初演からずっっっと気になってるんですけど「皿投げた」のイントネーションがおかしいの!
標準語だと「さ↓ら↑な↑げ→た↓」じゃない!?橋本ハシも河合ハシも「さ↑ら↑な↓げ→た↓」なんだよね…誰のイントネーションなのそれ…
なんかたまにはしもとくんはイントネーション変わってるときもあったけど、結局不思議なイントネーションのままだったな…
Dかなあ…関西弁だし…(関西弁だとあのイントネーションになるのかどうかは知らない)それとも木村さん(演出家)…?誰も直さなかったのが超不思議でした。


■【僕は役に立つ?】

これも再演の新曲ですね。切なくて好きでした。
役に立ちたかっただけかあ。そうかあ…

この頃になるとDもハシを持て余してるのが余計切ない。


キクが乗った少年刑務所の実習船が海で遭難した密漁船を助けて、ニュース番組の中継に出演させられる。
人の考えることがわかる少年・山根(大河)はテレビ局の人たちのことが耐えられなくなり、中継中に暴れだして騒ぎを起こす。その混乱に乗じてキクは少年刑務所からの脱走を図った。

今じゃなかなかありえない状況ですね。
プライバシー保護を後ろ向いただけで済まされてテレビに出されるなんて、さすがにいろんなとこから怒られそうです。
しかも身体的にフリーな状態の受刑者と簡単に逃げられる環境…いろんなイレギュラーが起こった結果なんでしょうけど、実際に起こったら大炎上だろうなあ。

山根はテレビ局の人たちとかの頭の中と、顔に出してる感情の違いが無理で暴れたんでしょうけど、でもキクを逃がしてあげたい気持ちも少しあったんじゃないかなって思ったりしました。


『音』を探し続けるハシはヘッドホンをして雑音のような音を聞きながらぼんやりとして家にこもっている。そこに、出て行ったニヴァが帰ってくる。
すると急に心臓の音が聞こえ始めて驚くハシ。ハシはニヴァに「愛してる」と告げて、ニヴァを包丁で刺すのだった。

ニヴァがスープ買って帰ってくるシーンめっちゃ好き!!!
基本的にニヴァが帰ってきても橋本ハシは無だったんですが、千穐楽では帰ってきたのめっちゃうれしそうだった…かわいい…
ニヴァ「スープ買ってきたの。飲むでしょ?」
ハシ「うん」
返事したーーーーー!
かわいかったです。まあこの後ニヴァを包丁で刺すんですけど^^こわい

「ネギ入れると美味しいわよ」ってニヴァがいうんですけどあれは何スープだったのだろうか…ネギ1本まるっと持ってるのがちょっとじわじわくる。
たまごスープとかかなー。みそしるもネギ合うけどみそしるをスープってあんま言わないしなー。

「〇〇すると美味しいわよ」ってニヴァの真似して日常で言うのすき(笑)
この舞台そこそこ見てる人にしか通じないネタです(笑)


急に心臓の音が聞こえ始めてハシは驚いてましたけど、たまにあるよねああいうの。あれなんだろー。
動悸が激しいと自分で自分の心臓の音聞こえたりするよね。単純なとこだと走った後とか。緊張するときとかもするなあ。

それがたまたまニヴァが帰ってきたタイミングで聞こえただけなんだろうけど、ハシはそれを「『音』が聴けるんだから愛する人を犠牲にしなきゃならない」って思い込んでしまったんでしょうね。
ニヴァを刺さなくたってたぶん聞こえ方は変わらなかったのに。

でもハシ、直後に正気に戻って後悔をしてた。
おかしくなったハシとまともなハシは別だったんだなって思いました。
もうとっくに、おかしいハシ=ハシそのもの になってしまったかと思ってた。まともなハシはハシの中に残ってたんだね。


■【この子は生きのこる】

刺されたニヴァがお腹の子は死なないとハシに伝える歌。

あなたの子供は死なないわよ
コインロッカーに捨てられた男の子供よ
この子は生き残る
きっと大きくなって ハエになったあなたを踏み潰すわ

概要はこんな感じ。

ニヴァが優しすぎると思った。
少年刑務所でキクに面会したときにハシが語った話では、犯罪者の王は人面をしたハエになり、そのハエを食べてしまったハシに頭の中からひどい命令をしてくるのだという。
これはたぶん薬でおかしくなったハシの幻覚や妄言なんだけど、きっとニヴァもハシにこの話を聞かされていたんだろうなあ。
ニヴァを刺してニヴァとお腹の子供を殺したら、ハシは犯罪者になる。そうしたらきっとハシはこのハエになるのだ。
でもあなたの(おかしくなる前の本当のハシ)子供は絶対死なないし、ハエになったあなた(おかしくなったハシ)を踏み潰す。だから大丈夫。って歌に聞こえました。ニヴァ優しい。


キクはアネモネと合流し、唐木島の水中から引き上げたダチュラを使い東京を爆撃する。
一方ハシはニヴァを刺したことによって拘束されていた。ハシが手首を外してそこから脱出すると既に東京は爆撃された後であり、人々は死んでいた。
そんな中目の前に現れたのは、キクの母親のことを教えてくれた作家だった。気の触れた様子の作家はハシを「わたしの赤ちゃん」と呼ぶ。
作家がハシの母親だったのに「ハシの母親は死んだ」と作家に嘘を吐かれていたことに気付いたハシは作家と殺そうとするが、やがて思いとどまり、生きることを決意する。

ダチュラよく水中から引き上げたよね…うっかりしたら自分が吸いそうじゃないか。
そして『東京を爆撃』なんていうとんでもないことに付き合ってくれるパイロットすごくない…?
ちなみにパイロット役は大河。山根役でメイクで目の下をクマのように黒くしてるので、わざわざ舞台中にメイクして落としてくるんだね。大変だ。

拘束から脱出したときのハシはまだちょっとおかしい感じだったけど、人がたくさん死んでいることに悲鳴をあげているから少しずつ正気に戻っている印象。おかしいのと正気を行ったり来たりしている感じかなあ。
作家さんがなかなか怖い。着物の片側の肩を外して胸を出しているんだけど、付け乳首がなかなかホラー。
そしてさらに、首を絞めるハシが怖い。なんなら急に「殺さない!」って言いだすのも怖い。結構殺しかけでしたけど!?
なんで急に生きる気になったんだろう、


■【風】

この曲たぶん■変わってない 変わったと内容が対になってる。
メロディは基本的に同じ。ハシ・キク・アネモネ3人で歌うのも同じ。

僕は自由 本当の自由
この世界をぶっ壊して全てを真っ白に
悲しみは終わった

あんまり聞き取れてないけど概要はこんな感じ。


■【心拍】

一幕頭から歌っていた曲だけど、ここで聞くととても開放的で明るい曲に聞こえる。
「聞こえるか これが俺たちの新しい歌だ」
未来に向かうイメージ。



劇中の曲目一覧

◆一幕
コインロッカー・ベイビーズ
運転手
血濡れの運転手
心拍(シスター)
心拍(音)
心拍
メリーゴーランドの音楽
心拍(カナエ)
ホワイト・ノイズ
和代
歌手になりたかった
青い舌
恥 売っとるやつに
そんな子供
東京は沈むんだから
オシャレせなあかん
ワニの国
拳銃はどこだ

◆二幕
裁判
裁判
殺してあげる
変わってない 変わった
愛の荒野
ニヴァ
ホワイト・ノイズ
隠された壁
水滴
僕は役に立つ?
この子は生きのこる

心拍
Bow

■カーテンコール

バンドの生演奏でカーテンコール。
東京公演では橋本・河合が2階席に登場

キャスト全員のカーテンコール終了後はしもとくんから挨拶。
これかわいくんもやればやかったのになあ。

カーテンコール終了後、バンドの生演奏をBGMに客出し。
でも後半になるにつれてかなりの人数が生演奏終了まで聞いてました。初演のときもそうだったんですよね。
この演奏、本編の曲のメドレーで、後半に■ワニの国があるので!わたしはワニの国待ちでした!
聴かないで帰るのもったいないから聞いて帰ってたんだけど、バンドのみなさんもうれしそうにしてくれたのでよかった。


・東京千穐楽のみ

・カーテンコール1回目

カーテンコールの三方礼で銀テープが飛ぶ。キャストたちびっくり。

橋:知らなかったあ~やられたわあー!
  急にぱーん!っていうから!びっくりしたー!
はしもとくんは投げちゅーで捌ける。


・カーテンコール2回目

河合:俺ぱーん(銀テープが出た音)でびっくりしちゃって…笑

千穐楽はバンド演奏もスタンディングオベーションの状態で迎えました。
曲終わりでステージ上段の四角が上がって、ステージ上段中央にD(ギターを持ったROLLYさん)登場。

演奏してしばらく後、左右からキャストが登場。
Dが上から降りてきたあと、Dが下手を向き河合くんに口を突き出したので河合くんがちゅー、橋本くんも上手からちゅー。

演奏が終わり、橋本くんご挨拶。
河合:ローリーさんのライブきたのかと思った
ROLLYさん:ワンモアタイム
とギターを弾き再度演奏。

ワニの国のサビ部分でアネモネがやる、左腕ぐるぐる→両手開く の振りを何度もやってるはしもとくん。かわいい。

曲が終わった後に再度はしもとくんがご挨拶。
なんやかんや言ってましたがつまりはたぶん「俺たちとみんなでコインロッカー・ベイビーズ」ということだと思います(笑)
(キャストとバンドとスタッフさんとお客さんと、みんなでコインロッカー・ベイビーズを作り上げましたね、みたいなことを言ってた)


たぶん橋本ハシ河合キク公演途中から、■青い舌で橋本ハシがDにちゅーするようになって!もちろん口に。(笑)そのあたりからタガが外れてきちゃったのかな…(笑)
でも河合ハシはDとちゅーはしてなかったので、このカーテンコールで河合くんは初めてROLLYさんとちゅーしたんではないでしょうか。
挨拶がちゅーみたいになっちゃってておもしろいったらないです。いいけど(笑)

■大千穐楽(富山公演ラスト)の話

はしもとくんにはありがちなんですが、千穐楽とかオーラスってのめり込み過ぎて全力出し過ぎてお芝居大爆発ってパターンがあるんですけど、今回まさにそれでした…。
お芝居としては決して悪くはないんだけど、入り込み過ぎてるとこあってちょっと悔しかったなあ。冷静にできるでしょうよー!!

【青い舌】なんて音程が変わってるじゃん!!ってなったし、椅子やら階段やらからやたら転げ落ちてるし。
本当に感情大爆発でどこかお芝居ふっとんじゃうんじゃないかとか、ケガしそうってそわそわしてしまいました…無事に終わってよかった…。

あとまあこれは単にハプニングなんですが、催眠術かけられてパニックで走ってくとき靴脱げてるハシデレラにちょっとにやっとしてしまった…(笑)
これはたぶんかわいくんが拾って回収してくれてました(笑)

あとは二幕の、キクに面会するところで手首が外れたって言いながら客席降りするところでステージから客席への階段で転げ落ちてたり。
■ニヴァの前のシーンとか、ソファから転げ落ちて床に頭打ってたり。(これは他の回でも見かけた気がするんだけど、後頭部ですごい音してるからちょっと心配になる…)
でもニヴァを刺すシーンの前後とか、迫力すごかったから見ごたえあった。ずっと爆発しちゃってるんじゃなく、要所要所だけそうできたらいいのにね。

■余談

河合くんのハシの話
なんだかずっと一人に見えた。

Dのことはは大事な人だとは言ってたけどたぶんそうでもなさそう。気に入ってくれてるから好きになったって感じに見える。
Dからしたらハシは完全におもちゃの一つだしね。

でも途中からはニヴァがいたのにね。それなのにニヴァの片想いみたいに見える。
ニヴァはきっとちゃんと心を砕いてそばに寄り添ってくれてたと思うのに、河合ハシは自分しか見えてない。自分のことがいちばん好き。そういう感じの子に見えた。

キクのことも本当は見えてないみたい。大事ではあるけど、だからこそ最大級にコンプレックスを感じていて、いちいちキクと自分を比較しちゃう。
承認欲求が強い感じ。でもリアルだなって思う。
…先天的に中二病なのかな!?(なんて元も子もない感想なんだ)

キクがずっとハシだけ見てそばにいてくれたらきっと違う未来だったんだろうなあ。物語としては何も起きないかもしれないけど。
承認欲求は満たされたかもしれないけど、それでハシがしあわせだったかはわからないんだけどね。でもキクがキクである限りそれはないか。

ラストで「殺さなくても生きていける」って言うし、希望に向かうエンディングなんだけど、河合ハシはこのあと生きていけたのかなあ…。


■はしもとくんのキクの話

健康だったーーーー。
なんというかほんと、精神がすごく健康だよね。よくこんなにまともに育ったね?
メンタルが強靭すぎてなんかできそうだよ。…なんかってなんだろう(笑)

だって生まれてすぐコインロッカーに捨てられて死にかけてさ、施設から養母のところに行ってさ、兄弟代わりのハシはナイーブだし身体が弱いし、たぶん大変だったと思うのね?
おまけに思春期真っただ中の中学生時代にハシが催眠術にかかっちゃって、その後から引きこもっておかしくなっちゃうし。
キクだって思春期でいろいろこじらせてもおかしくないのに、きっと我慢してちゃんとした子になっちゃったんだねって思う。
しかもお母さんは自分といるときにケガして、そのせいで死んじゃうし、それを目の当たりにしちゃってるし、きついこと多すぎるよなあ…。あんなにメンタル保てる気がしないや…

まあ通りすがりのタクシー運転手鉄パイプで殴って(相手が包丁持ってたとはいえ)平然と車奪うし、東京は爆撃するし。全然まともじゃないと言えばそうなんですけど!
だからまあ、おかしくはなってたのかな。内側に溜め込む子なんだなきっと。

お母さんの話するときがいつも悲しい目になる。アネモネに話すときもハシに話すときも。
お母さんすごく大事に思ってたんだろうなあ。


山下リオちゃんのアネモネ

初日はすごくウェットなアネモネだなって思ったんだけど、後半になるにつれそんな感じがしなくなった。
一人で生きていけそうなアネモネだった。強くて、からっとしてて。正反対な印象で不思議。間違いなくどちらもアネモネなんだけどね。

【東京は沈むんだから】も強くて。でもだったら前の曲がいいなってやっぱり思っちゃったりした。最終的には今回の曲もすきでしたけどね。

衣装が可愛かったな~!パンチのある色とか柄とか合わせ方とかで、普通の人じゃ着こなせない。
あれは美しいスタイルと美しい顔面が必要な服だった。衣装最高でした。

昆ちゃんのアネモネ大好きだったけど、リオちゃんのアネモネも大好きになった。
全然違うけど、どっちも間違いなくアネモネ


■めっちゃ余談

初日に鶴瓶さんから橋本くんとリオちゃんにそれぞれお花が来てて、鶴瓶さんとはしもとくんはたぶんお仕事では繋がりがない気がするのでオタクがざわっとしました。
後に鶴瓶さんがラジオで言っていたのだけど、鶴瓶さんとリオちゃんが偶然どこかのお店で居合わせて、そこでリオちゃんと一緒にご飯食べてたのがはしもとくんらしいんですよね。河合くんはいなかったらしい。
きっとスタッフさんとかもいたんだろうけど、2人でご飯食べてたらそれはそれでかわいいよね~~!仲良くしてるのうれしい。
ちょっと年上で脚がきれいなこ、はしもとくんの好みじゃない!?美人と付き合ってほしい…だって美しい遺伝子と才能は後世に残すべきじゃん…!


■富山の余談

東京でメンバー唯一観劇できてなかった塚ちゃん(この夏はとても忙しそうだった)、もしや千穐楽来るのでは…?と思ってたけど本当に来てた!(笑)
本当にマネージャーさんも誰もついてなくてひとりで来ていたようですね。友人が帰りに駅で塚ちゃんを見かけてて、ちょっとヒゲも生えたオフモードの塚ちゃんがひとりでぼんやりリュック背負って歩いてたよって聞いて面白かった!
金曜日に広島にいたとはいえ(金曜日はA.B.C-Zのコンサートでした)せっかくのオフに富山まで来てくれる塚ちゃんがとてもすき。ありがとう。

あと、帰りの富山駅で改札前でバッグ広げて座り込んで切符探してるはしもとくん目撃されてて笑いました。
横にいた人に笑われて、てへっとしてたらしい。うっかりさんか!(笑)
相変わらずかわいいはしもとくんでよかったです。おいしいもの食べれたかな~。
わたしは白えびのお刺身と白えびのから揚げにはまりました。

富山のオーバード・ホールA.B.C-Zの2013年のTwinkle Tourで行って以来でした。
このブログはそもそもそのコンサートを記録するために作ったのが始まりです。感慨深い場所でした。

楽しい夏でした。ひとまず感想終了。




初日のみの感想はこちら
kapibara-may.hateblo.jp

2018.7.11~2018.8.19 音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』再演の全体感想(一幕)

書きかけのブログがいっぱいある。
書きたい熱量はあっても文章が長くなりがちだから1日2日で終わらなくて、そのうち次の現場に行っちゃってまた新しい記事が増えちゃう、という仕組み。
とりあえず自担の大事な舞台仕事なのでこれを早く書いてしまわなくては。そろそろ終わって1ヶ月経つし忘れる。


前回コインロッカー・ベイビーズ初日感想を書いたけど、見る度に見え方が違ってました。
書いてたことと正反対の印象持ったりするんですよ。

初日の感想
kapibara-may.hateblo.jp


はしもとくんは特に、役の中を生きるタイプの子なので日によって見え方が違うのは結構あります。が、リオちゃんも最初と全く印象が違うので余計違って見える。
他の人にも変わって見えてるのか、わたしにそう見えてるだけなのかは知らないけど。


初演のコインロッカー・ベイビーズを見た後、2回目だか3回目だかに舞台を見る前に原作を読んだんです。
しかしわたしは見た芝居もドラマも読んだ本も、しばらくすると内容をびっくりするほど忘れてしまう脳の持ち主なので、2年も経った今じゃ原作の内容はすっかり忘れてしまいました。
(病気かと思うくらいいろんなことを忘れるのでこうして文章に残しているのです。たまに見ると書いたことさえ忘れてる記事があって驚く。わたしがやっていることは壮大なチケット代の無駄遣いなんじゃないだろうか)
そんなほぼ原作の知識がどっか行った人が、舞台の印象をメモしておこうと思います。
とんちんかんな考察をかますかもしれないけど原作の知識がどっか行ったせいです。

ざっくりとですが記録を取るために脳内でコインロッカー・ベイビーズを開幕させます。
このメモがあればきっとわたしが見たものの記憶がいつか呼び出せるだろうって思うんだ。
橋本担なのでどうしてもはしもとくんへの言及の方が多くなってしまうところはあるけど、わたしはかわいくんも大好きだし、かわいくんのお芝居も大好きだし、どっちがいいとかそういう優劣をつけるつもりはありません。あしからず。
長いよ。

【】内は曲名

◆一幕

■駅

まだ場内が明るい中、駅員(福士くん)が下手から歩いてくる。
駅員「だめだろ、ロッカー開けっ放しじゃ」
ロッカーをバーン!と閉めて場内が暗転。

東京楽ではロッカーを閉める前に「今日は青空か、気持ちいいな」とアドリブを。
前日は台風で「今日は台風か…」というアドリブだったそう。
アドリブかませるような舞台じゃないからここくらいしかないですよねきっと。賛否あったけど、わたしは嫌いじゃない。

昔のコインロッカーは開けっ放しになるようなドアだったのかな。誰かご年配の人なら知ってるだろうか。聞いてみたい。
今のロッカー、開いてて欲しくても勝手に閉じるよね。


■【コインロッカー・ベイビーズ

アンサンブル男性→ROLLYさん→アンサンブル女性→シルビアさんが出てきて歌う。
みんな激しく汚れたオムツとスタイ。それとメッシュのトップスとガーター付き網タイツ。女性陣はインナーに黒のブラ。

この激しい汚れがコインロッカーで死んだ子供たちを表現しているのでしょう。
たまたま前列で見たら超きつかったこれ…パンチがすごい。オムツやスタイの汚れがなかなかリアルで。衣装さんすごい。
ガーターの付いた網タイツを履く男性陣がまたパンチある。特にROLLYさん。まあROLLYさんは常にパンチありすぎですけども。

シルビアさんがこの格好で出てきて「見てよあたしのこの脚 素敵でしょ男イチコロ」って歌うのがかっこいい。きれいにライン取った鮮やかなローズ系の口紅に偏光っぽいラメが光ってたのすごいきれいだった。シルビアさんかっこいい。

後半で中央上段に出てきて歌う橋本くんと河合くんが、出てきた瞬間もうそれぞれのハシとキクの表情で出てくるのが印象的。だから前半後半だと2人の表情が真逆なのがおもしろかった。
キクのときの河合くんの表情がかっこよくて好きです。

ハシキクの衣装はみなさんとは別で、白のチノパンっぽいパンツで上半身は裸。
はしもとくんのおへそ、浅くて真ん中ぴょっとしててかわいいよね。
あと右太ももの外側にケガのあとのような縦線があって、サッカーの傷とかかなあ、と思ったり。(ほんとはなんの傷なのか知らない)
背中側の腰当たり背骨の左右に肉割れ線みたいなのがあるんだなーというのもぼんやり眺めてました。一説によると、急に背が伸びた子にできるらしいです。確かにかわいくんにはない。なるほど…?


■【運転手】

タクシーに乗るアネモネと、一人で喋り続けるタクシー運転手。
タクシー運転手はアネモネを自分の運命の人だと思い込み、アネモネと海に行くために知人を刺し殺してお金を奪ってくる。

この舞台の中でも際立って不気味なシーン。
話の通じない頭おかしい人間って本当に怖いよねっていうのを思い出した。*1

大河*2が運転手役なのは初日はかなり驚きました。二面性がひどい役なのに見事に気持ち悪くて(褒めてます)見事でした。怖いよねえ。
怒鳴った直後に笑顔になる感じが超気持ち悪くて素晴らしかったです。
MADEが歌ってるの、わたしは見たことがなかったので大河の歌が上手くて驚いた。
重要な歌う役は大河の担当でしたね。

初演のときの芋洗坂係長がこれまたすごく上手くて気持ち悪かったので、再演でいらっしゃらないとどうなるんだろうと思ったんですけど、大河の運転手もすごくよかった。

アネモネが「肉が腐る」「ガリバーが待ってる」っていうことを歌うようになったのが初演からの変化ですね。
ここで出てくるキクは橋本キクも河合キクもどっちもかっこいい。タクシーの中のやりとりがとても好きなシーン。


■屋上

ハシ・キク・和代さん(大西多摩恵さん)がくるくる回る乗り物に乗って登場。
デパートの屋上でイベントに出会うが、そこでうっかり催眠術をかけられてしまい、ハシとキクは精神に異常をきたす。

登場時の曲名が【メリーゴーランドの音楽】なんですけど、メリーゴーランド…なの…?わたし今までずっとティーカップだと思ってた。
どうみても…ティーカップでは…??

ここの3人はもれなくかわいい。確かこの場面だと2人はまだ中学生なんですよね。どうりで可愛らしい。特にハシ。
でもオムライスを「美味しかった?」って和代さんに聞かれて素直に「うん」って言っちゃうキクも超可愛いです。

和代さん養子まとめて2人も受け入れて、かわいがってて、めっちゃいいお母さんだよねえ。
ハシキクのお芝居のいろんなとこに和代さん大好きなのが滲んでるのがすごく好き。

カナエちゃん(中西彩加さん)のお芝居も好きだったなー。
でもほんと、ここで催眠術なんかしなければ…!
そもそもハシはカナエちゃんの曲知ってただけで、催眠術には立候補してなかったのにー!!勝手に催眠術かけやがってー!ばか!!!

司会者「精神病にかかったことは?」
ハシ「ないよ」
のやりとりの「ないよ」の言い方可愛くて好きだった~。
東京楽は「ううん」って言ってましたね。

カナエちゃんの催眠術、遠くにいるのにちょっとかかっちゃうキク。ハシとキクが両方苦しんでで慌てる和代さんもせつなかった…
ここでハシがいなくなっちゃった後、後々の場面で出てくる公衆トイレでいたずらされた話につながるんですよね確か。
まじハシにいたずらとかほんとぶっとばす…。まあフィクションなんで、わたしが言ったってしょうがないんですけど!


■【ホワイト・ノイズ】

それから引きこもってテレビで音を探すようになったハシ。「音を探してるんだ」という気持ちを歌う。
どうにも不安になる音のする曲ですよねこれね…(そういう狙いなんでしょうね)

どうしてハシを探すことになったのかキクに聞くアネモネ
お母さんが亡くなったことを話すキクの「かわいそうだった」が印象的でした。
あんまり人にかわいそうって言うのも、無責任に憐れむのって失礼な感じしてあまり普段言わないんですが、こういうときに使うんだなって思った。
橋本キク・河合キクどちらのときも、和代さんがいなくなって悲しいさみしい気持ちがここに表れてた。

そして鉄条網を飛び越えて向こう側へ飛ぶキク。
ここのやりとりも好き。
「跳ぶとこ撮っていい?」の返事が河合キクは「なぜ」なんだよね。橋本キクは「なんで」とかだった。2人それぞれ少し表現が違うところがまたいい。
個人的には「なぜ」があまり普段使わない感じなのでより印象的ですき。

前回はここの、飛び終わったキクに興奮して「きゃははは」と聞こえるような笑い声をあげるアネモネと、次のシーンの「ひゃははは」と笑うタツオをもっとリンクさせていたんだけど、今回そういう感じじゃなかったね。別々のシーンですよって感じ。リンクするとこ他にも何か所かあって、あれ好きだったんだけどなあ。今回はなくなっちゃいましたね。


■【和代】

向こう側へやってきたキクとハシが再会、キクを助けたタツオ(福士くん)と3人のシーン。
福士くんがタツオやってるのすごく意外だった!

前回はさなちゃん(真田佑馬くん)が一人で大河と福士くんのやってる役の多くをやってた。
さなちゃんは芝居が上手すぎて、初演だからキャラクターを作り上げるところからやらなきゃいけないのに、一人であの役数やってたけど、あれはさなちゃんがすごすぎると思う。
その中でもタツオは印象的だったから、今回さなちゃんいなくてどうなるんだろうと思ってたの。

福士くん佇まいとお芝居と発声がすごくいい。上手いんですね。
さなちゃんの作ったタツオがベースにあるけど、それでもあれをあそこまでやりきったのは見事。
わたし福士くんってABC座でお芝居してるところは見ているけど、ぼんやりしてる子って印象で、ダンス踊ってもなんだかおもしろく見えちゃって、なんだかつかみどころがなくて不思議ちゃんに見えてたの。
だからMADEがオーディション受けて、その中で大河と福士くんが受かったって話聞いて、「えっ、福士くん…?」って思って意外だった。
本当はどんな子なのかなあ…。
コインロッカー・ベイビーズでは全然不思議ちゃんな印象なかったんだよ。すごく俳優に向いてる感じする。福士くんのお芝居をもっと見たいなと思いました。


地震ジジイのことを嘆くタツオに「地震で怖い思いしたんだろうな」っていうキク。
こういうところにもキクの優しいところが出てるって思う。

お化粧をして仕事に行こうとするハシ。
橋本ハシが初演の時に塗ってた口紅、結構なムラサキだな~って思ってたんだけど、今回も似たような色だったと思う。
でも河合ハシが塗ったらめっちゃ可愛い色に見えてびっくりした!今年のムラサキかわいいじゃん!て思ったの。
でも今年の橋本ハシが塗ったらやっぱりめっちゃムラサキだった(笑)たぶん色は同じだろうから、顔色に似合うかどうかなんだろうね。
かわいくんそのムラサキめっちゃ似合うよ!まあだからって普段から塗るわけにもいかないからどうしようもないだろうけど!(笑)

なんとか明るく振る舞って「明日話そう」とキクを説得するハシ。
でもキクはお母さんの骨を机に出す。それによってさらに動揺して、そこから逃げ出すために仕事に行きたいハシ。
「お祈りしてやれよ10秒で済むだろう!!」と怒鳴るキク。

わたしはなんだかこのときはいつもハシの気持ちになってしまってつらい。
一度仕事に行って、仕事しながら合間で一旦頭を整理して、それから明日きちんとキクと話がしたかったよね。
なのに何でもないことみたいに和代さんの骨を出すから、その瞬間に和代さんが亡くなったことを理解してしまうし、悲しいし、でも一旦考える時間が欲しいし、だから仕事に行きたいのにキクが怒鳴るし。なんで今それ出すの、明日までなんでしまっといてくれないの、明日ならちゃんと話せるよって思う。
骨出されて普通に悲しんで普通にお祈りができるようなハシなら今そんな場所にいないよ。きっと島から出てないよ。なんでわかってくれないのキク。
明日まで待ってよ。それだけでいいのに。


【和代】は、和代さんがときどき夜中にお布団の上で「自分がどんな死に方をするのか考えてたら怖くて眠れなくなった」って泣いて、泣きながら自分たちを抱きしめてたことを覚えてるか?とキクが問いかける曲。
子供2人も引き取って、優しいお母さんだったのに、そういうお母さんもそんな途方もないことに怯えたりするんだね、と思った。
想像してた怖い死に方になってしまっただろうか。想像より怖かっただろうか。そういうことを考えたら「かわいそうだった」ってキクは思ったのかもしれないな。


■【歌手になりたかった】

キクはきれいだから、キクと一緒にいるとだめな自分に耐えられなかったと告げるハシ。
ハシはキクに劣等感を持ってたんだね。キクはきっとハシのことをそんなふうに思ってなかったって思う。ただ大事だったんだろう。
そんなハシにもやりたいことがあった。「僕、歌手になりたかったんだ」と歌うハシ。

キクにすがりつくハシを見るのが好きだったなあ。
橋本キクにすがりつく河合ハシは橋本キクの脚にしがみついてるんだけど、河合キクにすがりつく橋本ハシは河合ハシのお腹のとこに顔を突っ込んでるのが可愛かった…。身長差マジック。

「歌手だと!?」って怒るキク。
そんなに怒らなくてもいいじゃないか…やりたいことくらいあるよ。
確か原作だとハシの声が特別で、って話があった気がするんですけど、舞台で表現するにはちょっとファンタジックだから難しかったのかな。

「ねえキク、僕はゲイなんだよ。ひどいだろ。でもどうしようもないんだ」
でもこのあとニヴァと結婚したんだから、つまりはバイだったのかな。それか、ニヴァに出会ったら嗜好が変わったのか。
それか、出会って優しくしてくれたDを好きになったから自分がゲイだと思い込んでたけど、Dが好きってだけで、実は別にゲイではなかったのか。
わたしは最後のやつだと思ってます。
LGBTの話は触れると別の話になってしまうからここで敢えて触れないけど、わたしは身体の性別とか関係なく、思う性別と着たい服と好きな性嗜好で生きていけるといいねと思います。


■【青い舌】

橋本ハシはこの頃本当にDのことが大好きだったね。途中の公演からDにキスするようになってて笑いました。この子キスシーン増やしてる!と思って(笑)ROLLYさんびっくりしなかったですかね…(笑)
河合キクもD好きって顔はしてるけどさすがにちゅーはしてなかったです(笑)

2年前はずっと橋本ハシの【青い舌】聞いてたからか、2人の【青い舌】の歌の違いが印象的でした。
河合くんは前から歌の上手い子だけど、ハシやったことによってさらに歌が上手くなったなって今回すごく思いました。この期間を挟んでたコンサート見てたら如実で。いいことですね。

ところでやっぱりあの青しましまパンツだけはなんかもっと他になかったかなって思ってしまう(笑)なんか見てるとおもしろくなっちゃって(笑)


■【恥 売っとるやつに】

この曲聞いてると不思議なんですけど、Dはキクのことなんだと思ったんだろうなあ…
キクは別に男娼じゃないよ?といつも不思議に思ってた。ハシの友達だからそうだと思ったのかな。
原作読み直さないとだめですねほんと。


■【東京は沈むんだから】

幸子とアネモネの電話のシーンが好きで初演のときからよく真似してました。
今回の小板さん(幸子)のお芝居も癖があって好きだった。

ここの曲調が変わったのはほんと残念だったんですけど(前の曲が好きだったからね)でも見てれば慣れるもので、リオちゃんのアネモネにはこれが合っていたんだろうなと思えるようになりました。
初日のリオアネモネは本当に弱弱しい子に見えたんだけど、どんどん強い女の子になってきたのが面白かったです。それをこの歌のあたりからすごく感じる。


■【オシャレせなあかん】

下手ベッド~ステージ上段~上手はアネモネとキスしながらイチャイチャと服を脱がせていくキク。それから床にアネモネを押し倒すキク。
上手~ステージ下段~下手ベッドはニヴァにスタイリングされるハシ、ニヴァと乾杯して酔っぱらうハシ、ニヴァの胸を触ってしまってからニヴァといい感じになってベッドに倒れこむハシ。

最後まで目が忙しかった…!上手下手どっちも見たいし、センターのDだって見たいのになかなか難しかったです…
どうしても自動的に橋本くんがいる側を見てしまうのは仕方ないのですが、河合くんだって見たいんだよ!!ラストに見れる1回前は意識して河合くんをメインで見ました。
河合キクのぶっきらぼうな感じもよかったし、橋本キクの甘ったるい感じもよかった。

リオちゃんのスタイルが本当に美しかったな~!
細いし脚がカモシカのようなのに、そこから想像する標準的なスタイルより胸が大きくてきれいなスタイルだった~!アスリートっぽい脚でしたね。
下着が適度にラグジュアリーで、でも過剰にきらびやかじゃないところもよかったです。
昆ちゃんももちろん好きだったけどね!昆ちゃんは太ってないんだけど身体のラインがふんわりしてて、女の子って感じの身体のラインなのがすごく好きだった。

男だろうと女だろうと、美しいひとを見るのは楽しいです。
まあ個人的に男の人の裸は苦手なので女の子のボディラインの方が見るのは楽しい。


■【ワニの国】

ワニの国は今年も本当にかわいい!!唯一の癒しのシーンですね。大好き。
リオアネモネのワニの振りは両手でがばっと行くんだけど、昆アネモネのワニは手のひらぱくぱくさせてたから、たぶんリオちゃんのワニの方が強い(笑)


■【拳銃はどこだ】

だんだんリオアネモネが怒鳴られても怒鳴り返すようになっていったのが印象的。
それでもハシと自分を天秤にかけて当然のようにハシを取るのは悲しそうだったけど。

きっとどっちの方が大事とかじゃないと思う。2人とも同じくらい大事だっただろうけど、状況によるんだよね。
元気なアネモネと、死ぬかもしれないハシを考えたらそれはキクはハシのところに行くよね。普通に考えてね。

ハシを探しに来たキクがハシに合えたときのほっとした顔がどちらのバージョンでも好きでした。
ここ、ハシが平然としているのが切ない。キクはこんなに焦って探しにきたのにね。

キクは全然お母さんに会いたいと思っていないのに、無邪気なハシに「キクのお母さんだよ!」って言われるキクを思うと本当につらい…。
ここですごくパニックを起こすあたり、本当は弱かったのはキクなんだろうなと思いました。
自分のお母さんは死んでしまったって教えてもらってからそんなに経っていないのにけろっとしてるハシ、メンタル強い…まあ、周りが見えていないところがちょっとあるのかなという気もしますね。

お母さんを撃って絶叫するのを聞くのはどちらのバージョンも毎回つらかったなあ…。
絶叫で終わるから幕が下りてもこちらは若干抜け殻のようでした(笑)



とりあえず一旦一幕で切ります。
続き
kapibara-may.hateblo.jp

*1:おかしな人に駅のトイレで個室のドアを外からこじ開けようとされたことがあってトラウマなんです。そのあとこの人はドアを開けるのを諦めて、叫びまわりながら駅の中走りまわってて駅員さんと警察に確保されてた。話の通じない人間は本当に怖い

*2:大河:秋山大河くん。敬称略ですみません。大河のことはどこかの先輩のコンサートについてたら探すくらいには好きだしかわいいJr.なのです個人的に。なのでいつもこの呼び方なんです