問題はわたしがねこなのか、かぴばらなのかってことなんだ

A.B.C-Zと橋本くんの話をするのが好きな人の長文記録用ブログ(筆不精)

2014.8.14-9.15 A.B.C-Z Summer Concert 2014"Legend" 全体感想。

Legendコンサート、終わっちゃいましたね。
大阪ブログは途中だわ、名古屋も代々木もまだだわ、全然気持ちが追い付いてないところではありますが、とりあえず、全体への自分の感想。を、えびちゃんへのお手紙形式でお送りします(なぜ…)(塚リカちゃんオマージュだよ!)

 

 

大阪・名古屋・代々木、全部通して今の感想は『楽しかった』に尽きます。
ひたすら楽しかった。夏がこんなに楽しかったのはあなたたちのおかげです。

あなたたちの見せてくれるものって、現実じゃないみたいで本当に夢の国なんだよね。
ディズニーと同じか、それ以上にエンターテインメントで、遊園地みたいで、夢を見てる途中みたいで。

だけどそれを作ってるのは、普通の男の子たちと、たくさんの大人の人たち、ということはわかっているから、そこに色々な大人の事情があるのも仕方ないことだよね。
それもちゃんと理解しています。

 

今回構成を河合くんがやったということで、自分たちで構成を作っているコンサートだと思うとなおさら素敵でした。
自分たちの見せたいもの・ファンが見たいと思うものを考えて作ってくれた構成なんだなと思うと、それだけで宝物みたいだよね。

河合くんは本当に良く考えてくれてるし、こちらが見たいものをよく知ってるなって思う。

 

例えば、メンバー紹介曲を作ろうって言ってくれたのは誰なんだろう?
内容を自分たちで書こうって言ってくれたのは誰なんだろう?
そろそろそれが欲しいよね、ってファンの間では(少なくともわたしの周りでは)度々出ていた話題だったから本当にうれしかった。
あんなかっこいい曲調で、『おまえの愛ひとりじめするのは』なんて言ってるのにタイトルが『A.B.C-Z LOVE』だもん。可愛すぎるし、あなたたちらしすぎるじゃないですか。
何よりあなたたちがA.B.C-ZをLOVEだと思っているのは明白で、そしてファンがA.B.C-ZをLOVEなのは当然のことで。
だからもう、君たちらしすぎて大好きです。A.B.C-Z LOVEです。

 

みんなでしっちゃかめっちゃか楽しそうにしてるのなんて大好きに決まってるから、ホールの『ハッピーハッピー』なんて最高に決まってます。
あっちこっちでいろんなことやってるんだもん、目が足りない!!…って怒れる贅沢さったらないです。

 

すいか割りコントも、ほんっと冷静に考えたらまったく意味わかんないけど、もう意味なんてなくて良くて、ただただバカ笑いしていられるあのコーナーが大好きです。
もろ子カムバック…(そこかよ!)もろ子のマネは未だにわたしの周りでは流行り続けています。もろ子は天才です。…話がそれました。笑
まさかアトラクションの歌詞が『しゃくねつ』か『ひゃくねつ』か、橋本くんがわからなくなってしまうだなんて知りませんでした。間違っちゃって照れ笑いする瞬間は何物にも代えがたい宝物です。橋本くんの照れ笑いの可愛さは筆舌に尽くしがたいのです。ありがとう、アトラクション。…やっぱり話がそれていますね。

 

塚ちゃんがソロにあれを選んだのはなぜだったのでしょう。
塚ちゃんがハロ及び女子ドル好きなのは存じ上げています。でも、やるのが塚リカちゃんじゃなくてもおかしくなかった。
初年度Johnny's Worldの塚リカちゃんが大変好評だったのを覚えていてくれたのかなと思うと、これまたなんだかときめきますね。2年目は塚リカちゃんがいなくて大変悲しんだものですから。
大変可愛かったです。女子ドルで一押しです。女子ではないとか小さいことを気にしちゃいけないっ。自分を信じてー!気にせずー!ゴーマイウ(以下略)…やはり話がそれたようです。塚リカマジックです。ファンタスティック。
本日のワイドショーではアナウンサーさんたちの心に「なんで女装…?」っていう多大なクエスチョンマークを残している気配がしますが、連続バク転記録25回おめでとうございます。
大阪の1日目夜でコールが増え、2日目あたりではもうコールが完全に定着していましたね。
みんなのコールが増えるにつれて、うれしそうな顔で踊っていたことを忘れません。楽しかった。ありがとうリカちゃん。

 

そして、その直後にぶつけられる戸塚くん五関くんの『まいったネ今夜』
リカちゃんに心かき乱されたあとのこれは本当に効きました…右からも左からもパンチをくらったようでした。
リカちゃんのあとに持ってくるにはこのくらいのパンチが必要だ、ということでわたしの中では結論が出ています。
河合くんの企画だそうですね。コンビといい、選曲といい、天才ですね。ここでしか出てこない2人の衣装と後ろの布に、河合くんの本気を見ました。
次回もまた、面白いものを期待しています。


終盤の怒涛のダンスメドレーも素晴らしかった。きついに決まっているのに、それでも手を抜かずに踊る5人は誰よりもかっこいいです。
ホールのHere We Goの最初で、ステージ後ろからライトに照らされて、客席からシルエットだけ見える状態で出てくるとこは最高にかっこいい。
本当に素敵なセットリストでした。

 

全部を思い通りにやらせては貰えないんだろうけど、それでも最大限にいいものを、っていうのは見ていて伝わりました。
ホールの構成は文句のつけようなんてないくらい素晴らしかった。代々木は同じというわけにはいかないし、新装置も増えたし、広さの問題もあるからさぞ悩んだことでしょう。


代々木の広さでのペンライト遊びは本当にきれいだし楽しい。1日目は微妙な状態で終わっていたのに、2日目昼・2日目夜でどんどん修正されたことに本当に感心しました。

 

河合くんのことだけを褒めてるんじゃないんですよ。
あのコンサートは5人でこそできあがったものだから、5人でいたからできたんですよ。だから全員素敵です。
いつだって、あなたたちの見せてくれるものは素敵に決まってるって、絶対の信頼を置いてます。

 

 

代々木2日目で恋が削られた件。
あれだけは本当に悔しくてやっぱり許せなくて、でも、悪いのは橋本くんではないし、ましてや河合くんでもないし、もちろんジェシーさんとマリちゃんじゃないこともわかってます。
大人はときどきとてもひどい。

それでも、もちろんきちんと歌って、笑顔で2人を紹介した橋本くんのことをもっと好きになりました。
2人も、あのぴりぴりした歓迎されない空気に気付かないわけはないのにがんばったよね。辛い思いをさせていたら申し訳ない。
曲はどちらでも、橋本くんの歌はとても良かったです。
恋はホールでたくさん聴けていてよかった。代々木2日目にしか来られなかったひとにも聴かせてあげたいし、何より素敵な曲なので、ぜひコンサートBDには収録してくださいね。それがだめなら、CDにしてね。どうぞよろしく。


橋本くんの話だけちょっとします。
DANCE!も本当に好きです。登場の最初から最後までほんっとうに楽しそうな顔で踊るから、見ててしあわせ。
君が歌って踊れば、世界が変わるかもしれないね、ってそんな気持ちになるんですよ、あの笑顔をみると。

あと、今回すごく好きだったのは、ホールで生歌でがんばって歌ってたFinally Over。
高い音なのに、ホールはずっとがんばってたのが印象的です。誰にでもは歌えない、難しいキーの歌を生歌でがんばっていることに非常にときめきました。
コンサートであれだけ叫んでたらあの高音はしばらく出づらくなりそうなので、喉をお大事に。
また、あのノイズのないきれいな声に早く戻りますように。


新しい装置も今までの装置も、ケガをしないか、何か起きないか、いつもハラハラしながら見ています。
新しいのも、きっとこれからどんどん得意になってくんだろうね。大きい装置だからなかなか出てこなそうだけど、また楽しみにしてます。

 

次は、まだコンサートでやってない曲を見られることを楽しみにしてます。
楽しい夏をどうもありがとう。

 

 

8月14日(木)大阪・オリックス劇場 14:30/18:30
8月15日(金)大阪・オリックス劇場 14:30/18:30
9月9日(火)名古屋国際会議場 センチュリーホール 18:30
9月10日(水)名古屋国際会議場 センチュリーホール 18:30
9月11日(木)名古屋国際会議場 センチュリーホール 18:30
9月14日(日)国立代々木競技場 第一体育館 17:00
9月15日(月)国立代々木競技場 第一体育館 13:00/17:00