問題はわたしがねこなのか、かぴばらなのかってことなんだ

A.B.C-Zと橋本くんの話をするのが好きな人の長文記録用ブログ(筆不精)

2014.8.14-15 A.B.C-Z Summer Concert 2014"Legend"@オリックス劇場(大阪)①

夏コンって、いいですね。
待ちに待ってましたよコンサート。

っていうかブログ久しぶりですね。なかなかやる気にならないタイプです。
(長文はPCでしか打てないけど、家にはPCを打てる場所がないってだけの理由なんですけどね。職場はPC監視だから昼休みとかでも打つの抵抗あるし。笑)
オタク的なおでかけ記録とか、現場記録とか、書きたいとこですが、まあそれはまたそのうち気が向いたら。

というわけで感想を。
全力でネタバレしてますのでご注意ください。

 

■Jr.コーナー

開演7-8分前から突然のJr.登場。びっくりした(笑)
2公演目5分前着席にしようとしたら間に合わなかったので、10分前着席は必須ですね。

『3ピース』を歌って、もろたろう(諸星くん・森本くん)のショートコントなど。
そこそこシュールですべるんですけど、わたしは結構好き。
大阪4公演、全部でネタ変えてきたところが偉い。


で、Jr.主導でA.B.C-Zコールして、スタート。
 

■Finally Over(赤×黒衣装)

いきなり噂の新曲で驚いた。(少し前の少クラ収録でやったらしいので)
これは確かにロックだ…。
出てきた時からいつもよりロックスター然とした彼らが男っぽくていいですね。かっこいい。

曲は、キーが高い部分が多いのと、高低差の激しいメロディラインでの生歌なので、はしもとくんは特に大変そうかな。
キーが高い部分は割と対応できてるけど、高低差の激しいところで、音が低いところからファルセットになるところではファルセットがかなり弱い印象。バンドの音が強いから聞こえなくなっちゃうのが惜しいなあというところ。
地声とファルセットのミックスで発声できたらいちばんいいのかなと思うのですが、はしもとくんのファルセットは今のままでもきれいなので、そのまま保って欲しい気もする。
はしもとくんのような柔らかい歌い方のクリアな声の子がバンドとやりすぎると、無意識に楽器と張り合って歌い方が変わってしまうのをよく見かけるので、そうならずにいてくれるといいなあと心配しています。


■メドレー

 『Naked』でステージ上段に必ず上がって行って、キーボードラックの横で石垣くんと楽しそうにアイコンタクトしながら歌うはしもとくんがとてもかわいい。
にこにこしてたり、舌出していたずらっぽく笑ってたり。
結構見てるのが楽しみなところ。


A.B.C-Z LOVE

噂の新曲再び。(初日前日の少クラin大阪収録でやったようですね)
メンバー紹介ラップはそろそろ欲しいと思ってた!うれしいなー
割と優等生な印象のえびさんにまさかメンバー紹介ラップで「お前」呼びされるとは予想外でした…意外とロックな曲。
でも文字で見ると、内容は彼ららしい感じなんですね。
名前のコールをみんなでやった後、それぞれ一言言えるタイミングがあるのが楽しみなところです。

メンバー紹介ラップうれしいなー。そろそろ欲しいと思ってました!

『お前の愛ひとりじめするのは~』って、ひとりじめなんですね?浮気すんなよって言外に言ってますよね??って思った。浮気すんなって言うのってかわいーよねえ。えびちゃんがそういうこと言う度にかわいくてにやにやしちゃいますね。


【8/14昼】

※メモなしだったので不明

 
【8/14夜】

戸塚:今夜は帰さないぞ
河合:I Love You~(山田くん的な)
五関:あんま見んなよ
塚田:つーつかつかつかつかつかちゃーん♪
橋本:セクシーローズ

とつかくんはけんとっとみたいなセリフだし、かわいくんは山田くんのあれだし、はしもとくんはセクシーローズだし!
どこに来たのかと思いました(笑)
 

【8/15昼】

戸塚:好きだぜこのやろう
河合:サムライラブアタック
五関:ごっちです
塚田:一発筋肉塚ちゃんです!
橋本:ちゅー、しよっか

14日の夜に、たまたまサムライラブアタックの話をしてたとこだったので笑った~(笑)
でもなんでサムライラブアタック出てきたんだろう。
はしもとくんはそういうの言うのすごくいいと思います。かわいい。

 
【8/15夜】

戸塚:この後あけとけよ
河合:俺はお前のことが好きなんだよ
五関:聞こえてるよ
塚田:おいなりおいなり(恋チュンのおにぎりの振りで)
橋本:(黙ってシャツ開ける)
 

【8/15夜*アンコール】

戸塚:抱かせろよ
河合:抱いて
五関:しあわせ
塚田:おいなり~(恋チュンの振りで)
橋本:(黙ってバク宙)


とつかくんは『ときめき担当』を表現し始めたのかなって気がしてきた。
アンコールのかわいくんにはツッコミを入れざるを得ません。
ごっちさんはもう何言ってもかわいいからいいです。
つかちゃんはおにぎりって言わなきゃおっけーってことないからな!(笑)
はしもとくんは…強いて言うならもうちょい何か言って欲しいところですが、アンコールなんて完全に体力も使い切ってるところでバク宙したのが素敵だったので良いのです。んー。はしもとくんできるこ。

初回公演の8/14昼に関してはメモ取ってないんですよね。
いつも初回はメモ取らずにただただ見るっていうのがこだわりなので。
せっかくだからそのうちツイあたりで探してこよう。


■恋(橋本ソロ)

歌前にひとりで軽く喋るのですが、どうやら大阪でははしもとくん的には「いーねいーねー」が流行りのようでした。
終始にこにこして話しててかわいい。いや…いつでもかわいいですけど(別にそれは聞いてないですね

16歳で歌詞を書いて、21歳で曲をつけた、とのこと。
はしもとくんはどうやって曲をつけるのかなあ。ギターは少しやってた気がするけど、あまり楽器弾かないよね。
歌ってメロディつけて、石垣くんあたりがピアノで音つけてくれた感じかなあ。

どこかの雑誌で『自作曲は来年以降』みたいな話をどこかでしていた気がしたので、今年出してくれたことに驚いた。
初めて自分の歌詞や曲を人前に出すのってすごく勇気がいることだし、人前に出せるまでのかたちにするのは大変だろうなあ。
がんばって作ってる過程を想像するだけでときめく。

歌詞がすごくはしもとくんで、聴いててなんだかやわらかい気持ちになる。
『恋に満ちて』なんて表現ができる子だと思わなかった。意外と本を読んでるようなので、言葉のストックがあるのかもしれないな、と思ったり。
ブログとかでもそうだけど、他の人が言ったら嘘っぽくなってしまいそうなほどストレートな表現でも、はしもとくんが言うと嘘っぽくならずに、すごくまっすぐに届く感じがするところがすごいと思う。

『君となら終わる恋なんてない』なんてさ、きっと恋は終わるんだけど、それでも、君がそういうならそうかもしれないって思いたくなる説得力がある。
歌詞は今後も続けていって欲しいなあ。

すごく特徴のあるメロディではないのに、後日気付いたら鼻歌で歌ってた日があって、ひとりでびっくりしました。意外と体に染み込んでた。


■Red Sun(河合ソロ:白シャツ、警帽?)

かわいくんがふざけずに、真面目にかっこつけてくれたというだけで革命的なことです!やったーーーーーーー

帰って思わずRed Sunの映像探したんですけど、最近のものだと2012.5.2の少クラ増刊号 亀梨さんpart1の回で見られました。
小さいかわいくんがKAT-TUNよりも前でガンガン踊ってて、この頃からかっこいいないつかやりたいな、みたいな気持ちがうっすらあったのかなあと思ったり。だとしたらすごくかわいい。ソロをこの曲にした理由が近々雑誌かどこかで聞けたらいいな。


ここで樹にラップをさせるというのがなかなか攻めてて嫌いじゃないです。決してタブーじゃないんだから、どんどんやったらいい。
あと、Red Sunでドラムを叩いているときのみずきがすごく楽しそうにしていてかわいかったです。みずき、かわいくん大好きだもんね。


■ふみとつDr&Guセッション

ラスト、電子ドラムを叩くかわいくん→ギター持ったとつかくんが出てきて2人でセッション。新鮮。
なぜか終わるととつかくんが「っていうね!」って言いますね。照れ隠し?


【14日昼】

河合:俺腹筋が曲がってるから鍛えてもだめなの
戸塚:なぜ??
河合:汚いもん
戸塚:汚くはない!
河合:じゃあ舐めて!(両手を広げる)
戸塚:そういうんじゃないだろ!(苦笑い)
あんまりそういうこととつかくんにいう印象ないからなんか意外だった(笑)


【15日昼】

河合:だめだよ…恥ずかしくてしょうがないよ…(体を隠しながら)
戸塚:どうしてだよ!
河合:脱いだはいいけど…
恥ずかしがるかわいくん、いいですね。

 
■トキメキイマジネーション(戸塚ソロ:ピンクバンダナ、黒の刺繍入りシャツ)
※曲タイトルの正式表記不明

 【14日昼】
作家の伊坂幸太郎さんと、お話する機会があって「戸塚くんはトキメキ担当?」と言われまして。
じゃあそういう曲を作ろうと思って作った曲です。

…という話をしていたのは14日昼だけだった気がしますが。その話、別に毎日してもいいのにね。


ほんっと可愛いこの曲!青春みたいな明るい歌詞とポップな曲がひたすらにかわいい。
いつもの刺繍シャツと、バンダナとギターで出てきたので、普通に弾き語りかなー?と思ったら、予想外でしたね!
バックにタンバリンなどを持ったJr.をバックにつけてて、まさか途中でギター置いて踊るとは!
また、ダンスが可愛くて。星型のタンバリンでゆらゆらして踊るのんちゃんの真似をしてずっと踊ってました。楽しい。
とつかくんには踊るソロをやってもらいたいなと思ってたのでうれしかったです。

 

まだまだ長くなりそうなので、一度切りましょう。

名古屋始まる前には書き終えたいところ。